« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の記事

2007/05/24

2007年5月24日 道具購入 磯ブーツ

場所:横浜サンスイ海釣り館
価格:9千円強
購入したモノ:シマノ(SHIMANO) FS−145E ネクサス・ピンフェルトシューズ WT

これまでウェーダを履いて防波堤に渡っていましたが、これから夏に向けて服装をどうするかを思案しています。まずは、足回りをどうするか、で悩んでいました。いわゆる便所サンダルでも良く、もちろん一足欲しいとは思うのですが、ガタガタの青灯、馬の背では危ないとクラブの先輩からアドバイスをもらっていました。

確かに先日は馬の背で何度か穴に落ち込んだので、よーくよく考え、磯ブーツを購入しました。

P5240614

黒鯛工房のサンダルにも惹かれましたが、売っていなかったので、きっぱり諦め今回は止めました。。

本品、裏はフェルトスパイクになっていますが、スパイクがそれほど強烈ではないのを少し懸念しています。実際に防波堤で履いてみないと滑るかどうかは何とも言えません。水は浸水するとのことでしたが、夏なので気にならないと思います。これも何とも言えない点の一つです。

次回釣行より使用予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

2007年5月20日 野島防波堤 釣果 カサゴ、メバル、フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り
潮:中潮
干潮:13時30分くらい
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:測っておらず
釣果:カサゴ×5匹程度、メバル×5匹程度、フグ×10匹程度

先週に続き、今日もクラブの大会。
シーバスが好調なせいもあり、村本海事さんは大盛況。私が見るのは初めてでしたが、船が二杯出ました。

天気も良く、しかし、風が無く、ほとんど凪いでいましたが、随分と水は濁っており、魚がいそうな雰囲気がありました。予報では午後も北系の風が吹くということだったので、今日は新堤に渡堤。水温は計測しようと考えていましたが、潮が下がって、水温計が水面まで届かなくて断念しました。

潮は下げていたので、沖側を青灯側コバから流していきました。ちなみに渡堤した人数も多かったので、青灯側コバは大混雑。ルアーの人、黒鯛の人が入れ替わり立ち替わり仕掛けを落としていくので、どうも釣れる気分はしませんでした。なので、主に平場を流していきました。

初めはツブ団子で流していましたが、干潮直前が時合いだろうと想像し、それまでは前回余ったボサエビとカニにチェンジ。途端にフグのアタリが連発。本当に海はフグで溢れています。またカサゴ、メバルも釣れました。写真はカサゴ。

P5200604

午前10時頃に、クラブの先輩二名が、馬の背に行かれたので、ちょっと深いかな、と思いましたが後に続きました。ちなみに馬の背もフグ天国でした。

写真は馬の背に降りた後の風景。赤灯まで続いている堤防を歩いていった人がいたので、驚きました。

P5200605

時合いは12時半から13時半と思っていたのですが、12時半にピタリと潮止まり。全く動かなくなりました。が、その後、一時的に緩く動いたかな、と思うとカサゴ、メバル、フグ、アイナメ、ウミタナゴが周りでバンバン釣れましたが、結局黒鯛は釣れませんでした。

ちなみに写真はありませんが、25センチ級のメバルが釣れました。青灯でもこのサイズの数が出ていたようで、盛り上がっていたようです。

潮はどんどん低くなり、結局次の写真くらいまで下がりました。赤灯までの道が完全に露出したのを見たのは初めてでした。

P5200606

その後、新堤に戻って流すも、上げ潮が入り始めます。また風も北系が吹き始めて裏目。青灯側コバも人が減ったので、クラブの先輩方とツブ団子を流しましたが、全く反応無しで、納竿になりました。

ところで、ツブ団子を落として上げてみたら、写真のカニがかかっていました。イソメを落とすとかかってくる頭が尖ったこのカニは何というカニなのでしょうか?

P5200612

次回は来週か再来週の日曜日を予定。今度こそアタリくらい欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

2007年5月13日 野島防波堤 釣果 メバル、フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り
潮:中潮
満潮:14時30分くらい
干潮:08時30分くらい
時間:07時30分〜12時
仕掛け:落とし込み
水温:測っておらず
釣果:メバル×1、フグ×5?

クラブの大会で野島防波堤へ釣行。風が強すぎて早上がりとなり、またまた黒鯛ボウズでした。

いつものように前日にボサエビを子安で入手しました。

P5130602

今日は潮と風を考えて、クラブの先輩について、ドック堤に渡堤。一日ドックで頑張ることにしました。同じように考えたクラブの人達も大勢、計10人くらい。一人だけ投げの人がいましたが、ちょっとやりにくそうにされていました。

内陸はそうでもありませんでしたが、東京湾上は南西のスゴイ風。渡堤した時点では下げ潮のハズだったのですが、風の勢いのせいなのか、完全に上げていました。時間を追うごとに、ますます風は強くなり、9時の船で新堤に降りた人もドックにやってきました。大混雑!。それでも皆さんベテランで、潮のに仕掛けを乗せながら、うまーく歩いて一定の流れを作っていくので、それほど釣りにくさは感じませんでした。

しかし、天候はますます悪化。その後も風は止むことなく、結局12時の船で早上がりとなりました。

潮は薄濁りで、風もあったので、良さそうではありましたが、水温が下がっていたようでした。魚はフグやメバルは釣れたものの、黒鯛のアタリはありませんでした。先輩はマルカン上や際で黒鯛の泳ぐ姿を目撃。また、イガイが潰されていたようでした。

次回は次週日曜日の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/05

2007年5月4日 八幡野漁港 釣果 カニ、イワシ

場所:静岡県伊東市 八幡野漁港
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:19時くらい
時間:14時〜17時
仕掛け:ウキ釣り
水温:測っておらず
釣果:カニ×1、イワシ×1

GWの休暇で訪れている場所の近くにある漁港へ釣行。幹線道路から離れており、かつ近くに駐車場も無いのですが、何故か結構混んでいます。

P5040591

スキューバの人と、地元の子供達が泳ぎまくっているし、水も本当にきれいで澄み澄みのため、魚の気配は全くありません。それでもノンビリできる良い場所です。

しばらく重いオモリにスルメをひっかけてカニ採りに興じたところ、一匹捕まえることができました。

P5040593

その後、スキューバの人達が引き上げたので、コマセを撒いてのウキ釣りを開始。潮も上げで動き始めます。が、小魚と巨大なウツボの姿のみで針がかりするような魚はいませんでした。

最後の納竿間際に、ようやくイワシの群れが漁港内に入ってきて、一匹かけて終了。水中が真っ黒になるくらいの群れが廻っていましたが、あっというまに出て行ってしまって、それ以上かけることはできませんでした。

次回は来週日曜日に野島に釣行予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

2007年5月1日 野島防波堤 釣果 メバル、アイナメ、フグ、ウミタナゴ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後雨
潮:大潮
満潮:17時くらい
干潮:10時30分くらい
時間:07時30分〜15時
仕掛け:落とし込み
水温:測っておらず
釣果:メバル×多数、アイナメ×1、フグ×多数、ウミタナゴ×3

朝のうちから相当の南西の風が吹いていましたが、波は高くなく防波堤にも波は被っていませんでした。しかし、村本さん曰く、昼の船で終わりかも、とのこと。

本日はドック堤に渡りました。他に投げの人が四人。黒鯛は私ともう一人でした。

P5010559

波はないものの、風は激しく、体が煽られるほど。午前中は下げの潮だったのですが、南西風と相まって、仕掛けはわずかに流れる程度でほとんどまっすぐ落ちていきます。ボサエビを落としていくと、メバルやらフグやらがどんどん上がります。

青灯側のコバで大きなアタリがありましたが、特有の首振りで、アイナメが上がりました。4/29には相当数の良型アイナメが上がったそうなので、アイナメが沢山上がるかと期待しましたが、それだけでした。

同じように青灯側のコバで小刻みなアタリがあり、何回かすっぽ抜けましたが、上がってきたのはウミタナゴでした。

なお、雨が激しかったため、魚の写真は一枚もありません。

干潮後、潮が上げ始めると風と一緒になって、スゴイ流れ。落とすとサーっと飛んでいってしまいます。全然釣りにならず。青灯側コバは少し緩かったので、そこで粘っていましたが、フグとタナゴのみ。

結局昼頃には風も収まり始め、午後も続行。しかし、15時には相当寒くなり、一部のお客さんからの希望もあり、早上がりとなりました。

15時頃にはすでに下げの潮が入り始め、風も微風に変わり釣りやすかったのですが。少し残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »