« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007/07/30

2007年7月29日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ後雨
潮:大潮
干潮:10時39分
満潮:17時55分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:2(うち1回はアタリに気づかず、、、)

前回魚をバラすところまで魚に近づいたので、今日はついに釣り上げることができるか? と意気込んで船に乗りました。が、結果としてアタリ×2のみ。前々回に戻ってしまいました。

風がほとんど無かったのと、すぐに干潮が来ることから、いつものように一日ドック堤と決めて渡りました。他にクラブの先輩二名を含む7人くらいが降りました。
降りてすぐに北面やマルカン上を流しますが、とりあえず朝一は誰にもアタリ無し。

しかし、すぐに平場で一枚上がり、魚が居ることは判明。その後、9時帰りを宣言していたクラブの先輩が北面で掛けます。短い時間でスゴイ集中力。脱帽です。そのまま魚を持って帰られました。

その後、ソコリの前に師匠格のクラブの先輩が北面でエイをかけ、その直ぐ後に黒鯛を掛けます。北面にいることはいるようですが、私はアタリに気づかずにツブを割られただけでした。そのまま干潮を迎え、満潮になるまでしばらく小休止。なお、今日は潮は潮時表通りに切り替わりました。いつもだと早めに切り替わることが多いのですが、、、

とにかく、午前中は雲は多少あるものの、かなりの照りで大変暑く、持って行った水1.5リットルでは少々物足りなく思いました。今度から2リットルは持って行こう。

P7290776

午後からは皆帰ってしまい、4人になりました。かなり釣りやすくなります。ところが14時過ぎから今度は雹混じりの土砂降りとなりました。かなり潮も高くなってきて、マルカン上も狙い時、かつ濁りも入って良い感じだったのですが、雨がひどすぎて釣りになりませんでした。雷がなかったのが救いでした。

小降りになるのを待って釣り再開。マルカン際で常連の方が一枚掛けているのを見て、私もマルカン上を狙うことに。ただ、いつもの上げ潮時と違い、沖側から内側に流れているのと、やたらと潮が高かったので、すぐヘチを狙うことにしました。かなり浅いところで、すぐに根掛かりしてしまうようなところですが、何回か流しているうちに、「うん? 何だろう?」というゴニョゴニョ感があったので、聞いてみると、、、ゴンゴンとアタリがあって、、、いなくなってしまいました。

上げてみるとツブはバッチリ潰されて、ガン玉に歯形が残っていました。これまで「ガン玉に歯形が残る」というのは話には聞いていたのですが見たことがなく、どんなものかな、と思っていたのですが今回よく判りました。記念にそのガン玉を持ち帰り写真を撮っておきました。

P7290777

平たく潰して針オモリにしたガン玉にツブツブの歯形が残っています。しかし、ツブもぐっちゃりと潰れていて、針も外に出ているのだから、どうしてどこかにひっかからないものかな、と思いますが、合わせが遅いとダメみたいです。

その後、アタリがあったことを聞いた先輩がマルカン上を大遠投で狙ってみたところ、またもや黒鯛を掛けます。しかも潜る、居座る、引っ張るでなかなか上がってこない元気な黒鯛でした。

後に続け、といろいろやってみますが、その後はアタリもなしで、納竿となりました。

次週は野島杯があるので、それには参加予定です。その前に練習に来るかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

2007年7月22日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:雨後晴れ
潮:小潮
満潮10時12分
干潮15時20分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1

バラシ:1

7日間で3回目の釣行。しかし、結果はまたしてもフグのみで、今回も黒鯛を上げることはできませんでした。しかし、今日は一回だけ魚を掛けることができました。ただし、ハリス切れでバラしてしまいましたが、、、

朝は雨。昔船釣りをやっていた頃は仕立てが多かったので、雨が降っても波が高くない限り止めるわけにはいかず、冬でも雨の釣りは慣れました。ただ、それほど気温は低くなかったのと、午後から回復するとのことだったので、レインウェアの下はTシャツだけにしました。これは正解でした。

ドックに渡堤。全部で8名。青灯に行く人も増えてきたので、それほど混んでいません。

P7220759

10時頃満潮にもかかわらず、北風に押され、潮はすでに下げていました。とても弱い流れで、まともに動いていない感じ。それと、雨の影響か底まで澄んでいました。朝一は誰もアタリすらありませんでした。

どちらかというと沖側の方が風もあたって良さそうな感じでしたが、いずれにせよ潮が動かずで、結局午前中は誰も釣れず。昼の船で皆帰っていき、4名まで減ります。それと同時に天気も回復し、完全に晴れ間が出るまでになりました。写真は晴れやかな八景島シーパラダイス。

P7220762_1

12時を過ぎて、ようやく本格的に下げの潮が動き始めた感じがありました。北面コバも潮がぶつかっている感じではありませんが、風を押し返して内側から沖側へちゃんと流れていました。何度かツブを落としているうちに、引っ張られるアタリがあり、合わせてみると鋭く沖に走り出し、軽い押さえではミチイトがシュルシュル出ていきます。いつものフグやアイナメなどの引きとは違う強さに、黒鯛を掛けた! と思いつつ、比較的冷静にサミングしながら竿で溜めようとすると、プツっとハリスが切られてジ・エンド。この間、約5秒程度。がっくりしつつも初めての鋭い引きに結構感動しました。

その後、すぐに北面コバは潮が効かなくなってしまい、その他どの場所もあまりちゃんと動いていません。

14時半過ぎには早くも潮は上げに変わり、今度は平場を中心に流しますが、巨大なフグを1匹釣っただけで終わりました。

ついに掛かってくれはしましたが、ハリスに傷があったのではないか、と悔いが残りました。そもそも、魚の姿も見ていないので、冷静になるとあれはフグではなかったか、と後ろ向きに考えたりして、、、次回こそはきちんと釣り上げたいものです。次日曜日に釣行予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

2007年7月17日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:雨
潮:中潮
干潮:05時54分
満潮:12時51分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1

2日連続の釣行。火曜日がお休みの大先輩の釣友と釣行。しかし、結果から言うとまたしても釣れませんでした。連敗記録大更新中。

朝から大雨でしたが決行。それでも村本さんには結構な人数が集まっていました。

大先輩はハナレ専門なので、午前中は一緒に行くことにしましたが、潮が高すぎてハナレは降りられず、青灯で降りました。ナライも吹いていて、適度にバシャ付いていて良さそうな感じ。ただ、潮が澄みまくっていて、ほぼ底まで良く見えるのがちょっとNGでした。

クラブの大会でオカマ周辺で数枚上がっていたので、早速丹念に攻めてみるものの、反応無し。そのまま二人で(青灯〜ハナレの黒鯛師は二人だけでした)四畳半までひたすら落とし込んでいくも、お互い全くアタリ無し。私はツブでフグを、大先輩はツブでベラを釣っている有様。トホホ。

P7170756

往復してオカマに戻ってきて、昼ご飯を食べて大先輩は帰っていきました。私はドックに移動。

ドックに着いて先行者に様子を伺うと、朝一に4枚上がったそう。その後1枚追加で全部で5枚出ていました。それを聞いて俄然やる気になり、まだ下げていたので北面コバを中心に狙います。二度アタリがあり、ツブが無くなって返ってきましたが、フグかもしれません。

午後1時を過ぎて潮が上げに変わってからも、ナライが吹き続けました。マルカンと潮がぶつける平場を中心に狙いますが、特に何の変化もなく、周りでも釣れることなく納竿。

雨と風のおかげでかなり冷え込んでいました。水温も下がってしまったのではないでしょうか? 水温計を持ってきていなかったので、未計測ですが。また、潮は最後まで澄み澄みでした。

次回に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

2007年7月16日 横浜沖堤 釣果 ナシ

場所:横浜市 沖堤
天気:曇り
潮:中潮
満潮:05時12分
干潮:12時15分
時間:9時00分〜15時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

結果から言うと、またしても釣果ナシでした。長い、、、

台風一過、北風が強く吹いていて、条件が良さそうなので野島へ行きました。が、もともと10メートル強あった北風は、7時半になっても止む様子もなく、結局船は出ませんでした。皆が帰っていく中、納得できないクラブの先輩らと、横浜沖堤に行くことにしました。

何とか9時の船には乗ることができ、まずは旧赤灯へ。

P7160751

先に来ている人達に聞いてみましたが、全く釣れていない様子。大変に浅く、潮が聞いていない模様。先輩に四畳半に近い平場でアタリがありましたが、バレました。

結局旧赤灯でのアタリはそれのみ。11時の船で沖白へ移動しました。

P7160755

ベイブリッジの下で釣りをする、というだけでもかなり気持ちの良いところ。

着いて直ぐは風が東風で、かつ下げていたので、あまり潮が動かず。12時を過ぎて、しばらく経つと潮が動き始め、沖側で当たった潮が左右に分かれて、両コバに流れ始めます。すると、午前中からいた方が、何故か内側で掛けます。潮は動いていない、と思っていたのですが、、、しかし、その人はさらに沖側の潮のブツケ付近で掛けます。スゴイ! エサはエビでした。

その後、潮のブツケを中心に左右と流しますが、特にアタリもなし。

が、クラブの先輩が同じように潮のブツケ付近で海津クラスを掛けました。その後、バラシやすっぽ抜けもあった模様。私もブツケを中心に粘ってみますが、ついにアタリ無し。納竿となりました。

いやー、なかなか釣れません。せめてアタリだけでも欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

2007年7月12日 道具購入 フローティングベスト

場所:日本橋キャスティング
価格:1万8千円
購入したモノ:ダイワ(Daiwa) PF−2011 PV・ライフジャケット(自動膨張式

日本橋キャスティングは夏の間だけ夜10時までやっているようです。仕事が遅くなったときに便利ですね。

釣行はいつも車ですが、最近家人から「車を置いていって欲しい」と言われることが増えてきたため、電車での釣行が可能なように道具を工夫することにしました。

何と言ってもデカイのがRBBショートライフベストで、これを何とかすれば、クーラーと竿&タモだけで身軽に釣行ができそうです。そこで、自動膨張のフローティングベストを購入しました。

P7100750

取り扱いが難しいのではないか、と危惧していましたが、お店の人に聞いてみるとかなり頑丈にできている様子。家でクーラーに多少折り曲げて入れてみたところ、具合も良さそうです。手動でも膨張させることができ、その引き紐が出ています。これが何だか怖い。間違えて引いてしまったらどうしよう、と考えてしまいます。あと、水に浸かると5秒で自動膨張するらしいのですが、これも怖い。

しかしながら、やはり軽量で小さい。釣行に必要なもの一式をクーラーに入れてみたところ、うまく入りました。これで電車釣行が可能になりました。

でも、当分車で行かしてもらう予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

逆さ桶の改良2

エアーポンプ用金具の取り付け

逆さ桶の手提げ紐を通す木枠にエアーポンプをひっかけていましたが、引っかける金具のせいでその木枠が削れてしまっていました。最近はその削れた部分が若干腐食して変色もしていました。

P7090740

そこで、木枠を金属でカバーすることにしました。仕事の昼休みにホームセンタで購入したアルミ板を切って、折って、、、

P7100742

様子を見ます。

P7100743

これにエポキシ接着剤をたっぷりと付けて接着。

P7100746

最終的にエアーポンプを取り付けた図。美麗には仕上がりませんでしたが、十分実用的。

P7100748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/08

2007年7月8日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り時々晴れ
潮:小潮
満潮:10時55分
干潮:16時13分
時間:07時30分〜15時30分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1

本日はクラブの大会。結果はまたしても黒鯛は釣れず、でした。

朝、5時30分前に村本海事さんへ到着。しかし、お祭りがある関係で、駐車場が全部使えず、使える駐車場はすでに満杯。結局漁港へ停めました。

風は一日中ナライの予報で、朝から7〜8メートルは出ていました。かなり期待が高まります。
クラブの先輩と相談して、朝ドック、昼から青灯の計画で、まずはドックに渡ります。ただ、人気抜群で、15名ほど降りました。

渡って、先輩のアドバイスに従って、いの一番にマルカン上に流してみますが、反応無し。潮が動いていませんでした。

落ち着いて、北面コバや平場も流しますが、どこも潮が動いていませんでした。それでもクラブの先輩がマルカンで一枚掛けます。少し気合いが入りました。が、相変わらず潮は効かず。

9時の船で何名かが青灯へ移動。少し人数が減るも、それでもかなり混み合っていました。特に北面は投げの人もいて、大混雑。

P7080734

昼の船で青灯への移動を考えましたが、クラブの先輩と相談し、居残りに決めました。随分大勢帰っていって、9名が残りました。これでかなり釣りやすくなります。が、潮は効かず。

そのうちマルカンでクラブの先輩がかなり大物を掛けました。50センチには届かないものの、2kgオーバのきれいな黒鯛でした。さらに気合いが入りますが、潮は動いたり、動かなかったり。。。

そんなこんなでお祭りの影響もあり、15時30分に早上がり。結局、途中カニで釣ったフグだけが本日の魚でした。黒鯛はアタリも一度も無し。

しかし、船に乗って各堤防の釣果を聞いて驚きました。各堤防しっかり何匹も出ていました。クラブ全体では9尾。最大は50センチオーバの黒鯛が新堤で出ていました。金幸丸の中の大きなバケツには黒鯛がどっさり。

P7080735

最初の一匹はなかなか遠い。が、先週から好調になってきた野島。十分釣れる季節になってきました。次回に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

2007年6月30日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:大潮
干潮;10時47分
満潮:18時09分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

今回も釣果ナシ。今回は一日ツブとツブダンゴで通しました。ダンゴにはフグがかかることもあるようですが、私はそれもなく、またツブも潰されることもなく終わりました。一回だけ、コツコツとアタリを感じたことがありましたが、何とも小さい魚っぽくて、到底黒鯛ではあり得ませんでした。

朝、5時半過ぎに村本海事さん到着。休みの日なので、人も大勢いますが大会の日ほどではありません。駐車場も確保。

渡堤する場所はドックか新堤に決めていましたが、後は人の流れを見て決めることにしました。船に乗って、皆さんの行かれる場所を聞いていると新堤が人気。なのでドックにしました。

ドックに降りたのはクラブの先輩2名を含む7名。降りてすぐにベテランの方がドックのコバ近くで掛けますが、バラしてしまいます。が、俄然やる気が湧いて落とし込みます。その後、コバでもう一回バラシがあったようですが、目撃できず。

天気はカンカン照りではなく、ナライも吹いていて、なかなか気持ちのよい日でした。潮は適度に流れていますが、スケスケでした。

P6300717

その後アタリもなく、時間だけが過ぎていきます。10時頃には早くも上げ潮に変わりますが、状況は変わらず。

12時を過ぎて、南風に変わるかな、と思いきや、東〜北の風がさらに強まります。しばらくして、平場で1枚クラブの先輩が上げました。さらに平場で二回バラシあり。皆気合いが入るのですが、その後はアタリもありません。

そのうちに雨が降り始め、また潮がどんどん高くなって、堤防の上を流れていくようになりました。平気で足首まで水を被ります。

P6300718

そんなこんなで納竿となりました。

なかなか釣れませんが、季節もすすみ、魚の傍までは来ているかな、と感じます。後は巡り合わせでしょうか。次に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »