« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の記事

2007/08/26

2007年8月26日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:12時23分
満潮:18時47分
干潮:14時51分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:0

朝、村本海事さんに着くとクラブの方が大勢いて、例会のようでした。
いつものようにドックに降りますが、全部で13名位いました。ナライが吹いて青灯がバシャバシャしないと、どうしてもドックに人が集まってしまうようです。

先日と違い、今日は海が茶色く濁っていて、1メートル下も見えません。なかなか良い感じ。エサを付けていると、師匠格のクラブの先輩が一投目で掛けていました。スゴイ。

が、結局午前中はこれだけ。下げ潮は北面を除いて動いておらず、上げに変わるまで待ちました。

P8260871

9時半頃には上げに変わり、午後になって本格的に動き出します。南風と上げ潮でもそれほど澄むことなく、さらに新しい濁りも入ってきて、良い感じ!というのは変わりません。が、食いません。

途中、クラブの同じ新人の方が平場で二枚掛け、さらにクラブの先輩がマルカンで一枚掛け、はたまた別の先輩がエイを掛け、と動きはいろいろとあったのですが、私のエサには全く何の反応もありませんでした。

16時過ぎには下げ潮に変わり、北面を集中的に狙うも反応無しでそのまま納竿となりました。

上げ潮に変わってから、何となく底の取り方などがぞんざいになっていたようで、いろいろと反省が残る&疑問がわいた釣行でした。少し勉強します。ブログも少しぞんざいな書きっぷり。

なお、野島全体では中廊下、赤灯でも2枚ずつ出て、まあまあの釣果が出ています。

ところでバッカンは本日より使用。使い勝手は悪くありません。次回は是非魚を入れて持ち帰りたいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/25

2007年8月25日 道具購入 バッカン

場所:フィッシングカンパイ
価格:3,200円
購入したモノ:シマノ フィッシュ バッカン ISO 45cm

先日釣った黒鯛を船着き場まで持ち帰ると、すでに瀕死状態でした。どうすれば生きたまま持ち帰ることができるのか、クラブの先輩方に教えを請うてバッカンを購入することにしました。

しかし、現在道具入れに使っているクーラーとの共存、つまり荷物が大きくならないようにする工夫が必要であり、そのため、クーラーがピッタリ入るバッカンを探していました。

サイズ的には今回買ったバッカンがピッタリだったのですが、自宅&職場近辺の釣具屋で見つからず、結局ネット通販で購入しました。23日夜に発注、本日着でした。

P8250869

これが外観。

P8250870

クーラーを入れたところ。

明日から使用します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/21

2007年8月21日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:小潮
満潮:10時52分
干潮:15時01分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×?

アタリ:0

夏休み最終日の平日釣行です。昨晩帰宅が遅く相当疲れていたため、午前中だけの釣行。

いつものようにドックに渡堤。私を含め9名が降ります。ほとんどがベテランの方。

朝一は北面付近が混雑していたので、マルカン際を狙います。そっと近づいて見ると、潮は透けていて、際に何匹も黒鯛の姿を確認することができました。あと、大きなエイもいました。

ツブを投げ込むも、全く見向きもせず。あと、潮は全くと言っていいほど動いていませんでした。北面付近は少しは動いていましたが、それでも全く反応無し。

皆で「動いていないね」といいながらしばし休憩。ベテランの方にいろいろと話を聞いたり、他の方の竿を持たせて貰ったりして釣り談義していました。

そのうちようやく上げ潮が効き始めたため再開。潮は高いものの、透けているのでマルカン際から平場とも底まで落としてみますが、全く反応無し。今回は、昨日釣行したクラブの先輩から「堤防に付いているツブが死んでいて少なくなっているので、カニを持って行ってみてはどうか」とアドバイス貰っていたため、ヒライソガニを準備してきており試してみましたが、確実にフグに食われます。フグを数匹釣り上げました。

ところが、9時前後に女性の方がマルカン際で黒鯛を掛けます。が、ミチイトを擦ってしまいラインブレイク。残念でした。

11時頃には少し濁りが入り、潮も下げ始めます。が、それと同時に南風が強まり、平場の下げ潮は風に押し戻されてしまっている状態。北面だけがやたらと潮が速くなり、動いているところを狙え、とばかりに北面を12時までの1時間狙い続けます。しかし、北面も何やら二枚潮でツブが中層で流れてしまって沈んでいかず、うまくコバで底を取れません。まだまだ修行が必要です。

そうこうしているうちに12時になり納竿。

P8210867

結局その日は野島全体で黒鯛の釣果はゼロだったようです。が、たまたま一緒になった釣りの先輩はツブでシーバスを釣りあげ、持ち帰ってきていました。場所はハナレ。サイズはフッコサイズでした。

早めに上がったので、バッカンを物色に釣具屋を三軒廻りましたが欲しいバッカンはどこにもありませんでした。残念。

ところでカニを買いに朝早くに子安の「子安丸」に行ったのですが、ご主人がこの暑さで体調を崩してしまい、8月中は無理をせず、船を出さないことにしたそうです。たまたまカニは残っていたので売ってもらいましたが、ボサエビやハゼは9月になって涼しくなってから、ということでした。話した感じではお変わりないようでしたが、早く本調子に戻ってもらいたいものです。

次回釣行は週末の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

2007年8月15日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:12時23分
満潮:18時47分
干潮:14時51分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:2

本日より夏休みを頂きました。

今週はクラブの週間大会が設定されており、また一般的に夏休み期間でもあることから、村本さんに6時前に着くと、すでに大勢の人が来ていました。

2匹目をとばかりに、本日もドックに渡堤。クラブの先輩方4人を含め私以外にも何と15人も降りました。が、人数が多いのには慣れました。

朝一は北面を狙いましたが、特に反応無し、、、と思っていると横で住友ドック側の平場に落とした人の一投目に黒鯛が掛かりました。が、残念なことに水面まで浮かしてその後にバラシ。

その後は延々何の反応も無し。24時間吹き続ける南風の影響か潮は相当澄んでいて、先日以上にイワシが大量に湧いているのが見えました。釣れそうな気がしません。
しかし、魚は大量にいました。ちょうど竿1本分の沖を悠々と泳いでいる姿がそこかしこで見られました。壮観だったのは北面。10メートルくらい沖を20匹以上の群れがぐるぐると泳ぎ回っています。皆こぞって遠投をかけますが、見えている魚は口を使いません。

ようやくソコリの1時間前くらいに反応がありました。沖側の底でツブが潰されました。ただガン玉に歯形は残っていなかったので、フグかもしれません。その後何人かの人がフグを釣り上げていました。

結局ドック全体で1匹も上げられずに午前中は終了。12時の船で帰る人、移ってくる人を足し引きして9名で午後に突入しました。

午後は初めは皆で日陰に座り込んで釣り談義。風は乾燥しており、前回よりも過ごしやすい気がしましたが、日差しが強かったです。水分は前回以上の2.5リットルを持って行きましたが、飲みきりました。

P8150799

上げの潮が動き出したのを見てから腰を上げました。

それなりに潮は効いていて、平場も良い感じだったのですが、期待した濁りは入らず、さらに澄んだ感じ。マルカンのサラシの中に魚が沢山いるのが見えたので、階段脇で捕まえたカニを投入してみたところ、何とくわえて走りました。ほとんど水面で走ったため、背びれが見えるほど。ビックリして合わせてみましたが、すっぽ抜け。カニは腹をかじられていました。

結局その後は何もなく納竿。船宿に着いて聞いてみたところ、野島全体で黒鯛の釣果はなかったようです。これだけ潮が澄んでいるとなかなか釣るのは難しいようです。ベテランの方の話では今週末の雨天で状況が変わるのを期待するしかない、とのこと。

次回は次週を予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/13

2007年8月12日 野島防波堤 釣果 黒鯛

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:大潮
干潮:10時40分
満潮:17時44分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:黒鯛×1(40.5センチ)
アタリ:2

ついに黒鯛を釣り上げました。昨年の11月にクラブに入会していきなり始めたわけですが、先輩方に教えてもらったおかげで、1年以内に最初の1尾を仕留めることができました。しかし、これは楽しい。

いつも通り5時半に村本海事さん着。黒鯛神さんの大会があり、いつもの日曜日よりも活気がありました。

混むかな、と思いましたがドックは6人。潮の色は茶色で濁りも上々です。早速北面に落としてみますが反応無し。またしても朝一は誰も掛けませんでした。アタリも無し。相変わらずイワシが群れていて、先週以上の湧きぶり。見にくいですがイワシの写真。

P8120793

先週は平場の潮が効いていましたが今日はあまり動いておらず、何とか北面が効いているかなぁ、というぐらい。マルカンも気になりましたが、潮が低く岩場がむき出しになっていたので、北面に的を絞りました。

ソコリ1時間前の9時半頃北面の底でアタリがあり素針が戻ってきます。これはいるぞ、とばかりに集中投下すると、底まで落ちたところでミチイトが流れるのが止まったので、聞き合わせてみると生体反応がありました。ピシッと合わせると、針がかりしました。魚はそれほど大きくはなさそうで、初めはフグかな、とも思いましたが、何度か鋭く潜るので黒鯛であると確信。以前バラしたときのように強くサミングしないように気をつけながら魚を浮かせてみると黒鯛。タモ入れもスンナリできて無事釣り上げることができました。

P8120796

ようやく釣ることができてホッとしました。小さいですが、嬉しい一枚でした。

その後、別の方にも北面底でアタリがあったようですが乗らず。マルカンに渡ったベテランの方が1尾釣り上げるも、潮が止まってしまい下げ潮の釣りは終了。その時点で、とても暑くて昼の船で帰ろうかな、と思うほどでした。

P8120791

しかし結局そのまま午後も続行。昼の船で5人追加されドックは11名になりました。

上げてからは潮の色が緑色になり、南風と相まって少し澄んできます。マルカン際も何度か狙いましたが、基本は平場に的を絞ります。かなり潮が流れていて良い感じでした。途中一度引き込むアタリがありましたが、慌ててしまい、針がかりせず。結局そのまま納竿。午後は誰も釣れませんでした。

釣った魚は持ち帰って塩焼きにして食べました。この季節に釣れたものは磯臭いという話でしたが、全くそんなことはなく大変美味でした。

ところで今日は新しいサンダルとして休日に家で利用しているKEEN(キーン) Newport H2を使ってみました。釣行用のシマノ(SHIMANO) FS−145E ネクサス・ピンフェルトシューズ WTと比較するとスパイクが無い分、海草が付いた場所でのグリップが悪いのですが、ツルツルというわけではなく、ドックで利用する分には問題ないレベルでした。

次回釣行は夏季休暇を利用した平日の予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/05

2007年8月5日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:小潮
満潮:09時27分
干潮:14時51分
時間:07時30分〜14時30分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:1

本日は第二回野島杯でした。96名参加し、8枚の釣果。私のエサには魚は食いつきませんでした。残念! でも、お祭りなので、楽しかったです。東京湾のベテランが集まって、競い合っていました。見ていて、皆上手だなぁ、と思う人ばかりで勉強になりました。

お手伝いのため、いつもより早目に4時45分には村本海事さんに到着。駐車場が表彰式場になるので、全く駐車スペースはなし。そこで金沢漁港に早々に移動。すると早すぎたためか、いつもお金を徴収してくれるおばさんがおらず、その場で待つ羽目に。

そのうち村本海事さんに停められなかったお客さんが続々やってきて、混乱をきたし始めたので、そのまま金沢漁港で駐車場整理をやりました。早く行った甲斐があったというもの。途中でクラブの師匠が変わってくれました。そこで村本さんに戻って準備。

船はいつも通り7時30分に出船。どこに行くか相当迷いましたが、いつものドックへ。降りたのは19名。いつも10名位で「混んでるなぁ」と思っていたのが、可愛く思えるほど。でも、不思議に釣りになりました。

午前中に2枚、午後に2枚出ました。北面1枚、マルカン2枚、平場で2枚です。今日は平場の方が潮が動いている感じでした。下げ始めてからは濁りも良い感じ。ただし北面は潮が速すぎて、ちょっと調子が悪かったようです。あと、いつも混んでいて、竿を出すチャンスがあまりありませんでした。そんな中、クラブの師匠が誰もいないタイミングで1バラシした後にすかさず掛けるという離れ業。

平場の2枚は私の後から流している人がどちらも掛けました。何故だ?

私は平場で1回アタリがありました。落として行って、着底と同時に聞き合わせすると竿を押さえ込まれたので、合わせるとエサが帰ってきました。その間0.1秒。ツブがぐしゃぐしゃに潰されていました。ここ数回アタリやバラシが出てきたのは良いことなのですが、針がかりしないのは一体どういう訳なのか? 研究が必要です。

結局、そのアタリ1回だけで納竿。

表彰式など、野島杯の模様はコチラ。表彰式後のジャンケン大会で蒲田キャスティングさんが提供してくれたタモ枠他を頂きました。タモ枠はスゴイ高級品、という訳ではありませんが、しっかりしていて、今の私には十分すぎ。助かりました。蒲田には良く行くので一度寄ってみないと。

P8050787

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/03

2007年8月3日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:07時25分
干潮:13時46分
時間:07時30分〜12時
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:2(うち1回はフグかな?)

本日は明後日の野島杯前の練習釣行。野島杯の前に何とか一匹を、と仕事を休んで行ってみましたが、結果またしてもダメでした。さらに、台風の影響で早上がりになりました。

朝から南の風がとても強く、そもそも出船できるかどうかが危ぶまれましたが、本牧、観音崎とも10m以下の風で何とか出船できました。

ウネリが強いことと、潮がとても高かったので、ドックと青灯の限定。迷わずドックに降りました。他にクラブの先輩二名を含む計8名となりました。
降りて北面コバに早速糸を垂らしてみるも反応無し。周りの人も反応無し。満潮すぐ後、ということと、風の影響で下げの潮がほとんど効いておらず、朝一は全員不発でした。

しかし、イワシが大量にいました。サビキを落とせばすぐに100や200はいけそうなくらい。ちょっとわかりにくいですが、細い線のように見えるのがイワシです。

P8030782

その後、潮が動き始めます。ただ風に逆らいながらなので、とても緩い。。。それでもマルカン側はそれなりになっていたので、遠投を! と思いましたが風のせいで私の腕ではほとんど飛ばず。やっているうちにライントラブルだらけ。なので、ツブをチョイ投げして際を狙ってみました。流して際に到達させるように何度かやっていると、上げようと思ったラインが張ったまま。聞いてみるとコンコンと来て戻ってきました。見てみるとツブがバリバリに割られていました。ちゃんと合わせれば良かった。。。

11時半には風の影響もあり、潮は上げに変わります。平場に潮がぶつかり北面は潮が巻いている感じで、落としても流れていきません。何度か底まで落として、上げて、を繰り返していると、上げたときに竿がグッと押さえ込まれます。軽く合わせてみると、素針だけ戻ってきました。でも、アタリに鋭さが無かったのでフグかもしれません。

P8030781

ところが12時少し前に階段横で1枚掛かります。俄然やる気が出ましたが、お迎えが来てしまい早上がりで納竿。残念でした。

ところで今日は(株)中林製作所製の小物ケースを使ってみました。釣具屋に売っている小物入れはポケットが少なく、ハサミやペンチの入れ場所に困っていたのですが、DIYショップで作業現場用のベルトに通して使う道具入れを物色してみたところ、具合が良さそうなので購入しました。

P8030785

次回は明後日の野島杯。これはお祭りなので、参加することに意義がある、と釣果にかかわらず雰囲気を楽しんでこようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »