« 2007年9月17日 野島防波堤 釣果 ナシ | トップページ | 2007年9月23日 野島防波堤 釣果 ナシ »

2007/09/21

2007年9月21日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:若潮
満潮:14時59分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:3(全て気づかず)

お休みを頂いて平日釣行。諸処の事情で電車での釣行となりました。朝、横浜駅で京急線の乗り継ぎが悪く、かなり時間を無駄にしましたが、6時半頃には村本海事さん着。

黒鯛師はクラブの先輩方を含め、ベテランの方ばかり。人数も少なかったので、うまく堤防を分け、いつものドックは私とクラブの先輩と2名だけでした。

着いて驚いたのは潮が冬の海のように透けまくっていたこと。ここ数日の南風の影響でしょうか。
もう一つ驚いたのはそこかしこに黒鯛の姿が見えること。ヘチから竿一本分くらいのところを悠々とクルージングしていました。
魚が見えていると、「見えている魚は喰わない」とガッカリするのと同時に、「何とかして釣ってやる」と気持ちの浮き沈みが激しく、何とも釣りづらいです。また、かなり沢山の黒鯛がそこかしこにいたので、いつも以上にヘチには近寄りがたく、なかなか緊張しました。

あと、一時期より小さくなった鰯(?)がまたまた大量にいました。

P9210917

ただ、ここ数回ドック堤から黒鯛は離れて落ちのために青灯〜赤灯へ流れてしまったのでは、と思ってしまうこともあったので、そうでないことが判って一安心でした。

しかし、やはり見える魚は口を使わず。平場を流しても全く反応してくれません。

10時過ぎにクラブの先輩がマルカン上で魚を掛けます。しかしハリスが擦れてしまい、痛恨のバラシでした。

昼までやってもやはり何の変化もないので、昼の船で久しぶりに青灯に行ってみることにしました。

青灯のオカマでも再び黒鯛がクルージングする姿を見ることができました、同じように口を使いません。

南風はさらに強まり、上げ一杯までは内側を狙うことに。ハナレまで落とし込みながら行ってみますが、特に反応無し。というより、知らない間に看板近くで二度ツブを割られました。

下げの時間になってからは外側。しかし、外側は潮が動いていないのと、風が当たらないせいで全然釣れる気がしません。

さらに南風が強まり、内側はまあまあバシャ付いてきたので、再度内側をオカマ近くで狙うことに。しかし横須賀から流れてくるゴミが内側に集まり、一投ごとにゴミを外さねばならず面倒でした。が、ある時エサを見てみたら黒鯛の歯形がガン玉に付いていました。これも気づかず。

P9210924

結局このまま納竿。型を見ることができずでした。ベテランの方々は新堤で3枚、赤灯で1枚。私が去ったドックで2枚という釣果でした。最後までドックでじっくりやるべきでした。

写真は久しぶりな青灯の灯台。

P9210918

次回は三連休中に行く予定。

|

« 2007年9月17日 野島防波堤 釣果 ナシ | トップページ | 2007年9月23日 野島防波堤 釣果 ナシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58385/16527481

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年9月21日 野島防波堤 釣果 ナシ:

« 2007年9月17日 野島防波堤 釣果 ナシ | トップページ | 2007年9月23日 野島防波堤 釣果 ナシ »