« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の記事

2007/09/30

2007年9月30日 野島防波堤 釣果 黒鯛

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:雨(大雨)
潮:中潮
満潮:07時22分
干潮:12時50分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:黒鯛×1(51.0センチ)
アタリ:1

 昨晩遅かったのと、さらに本日雨の予報だったので、起きられたら行こう、程度に考えていたら4時45分にきちんと目が覚め、いつもどおりに村本海事さんへ。着いてみると、強い雨にもかかわらず、ベテランさんが大勢いました。皆強い北風と落ちの荒食いに期待している様子。

昨日はあまりに強風で船が出なかったそうです。本日は風は強いものの昨日ほどではなく、ただ出船時間がちょうど満潮時間となり、強風に潮が高いことが重なるため、8時の出船となりました。

出船後、どの堤防に渡るかいつものように悩みます。ドックも人数が少なかったので、魅力的でしたが前回青灯に渡ることができなかったことを思い返し、青灯に行きました。

視界が悪く、近づいてみるまで青灯の様子が良く見えませんでしたが、降りてみると予想通り北風と下げ潮で堤防全体でバッシャバシャでした。早速クラブの師匠格先輩がオカマの下でアタリを取りますが、針がかりせず。それとは別のベテランさんが少し離れた平場で一枚掛けていました。

先日オカマ周りで大量の黒鯛を目撃していた私は、初めはオカマ周りを攻めてみますが、何の反応も無し。そのうち皆さんが堤防に散らばったので、後を追ってオカマを離れて看板まで落とし込んで行きます。

途中の好ポイントでも特に反応無し。そもそも竿一本分の長さしかミチイトを出さずに底まで沈めずに探っていたのですが、途中で先輩と話したところ、底でアタリがあったとのこと。そこで看板から戻ってくるタイミングでは底まで沈めて様子を見るようにしました。

ちょうど10時頃、もう少しでオカマ、という場所で糸フケが出ます。ちょうど着底するミチイトの長さ分だったので、着底したかな? と、いつも通りのゆっくり聞き合わせすると重みが乗って、魚が針がかりします。

これまでになく強く引いたので、即座に黒鯛であると確信。沖走りするのではなく、何度も潜り、全然浮いてきません。初黒鯛の時よりも数段強力な引きで左右へ移動しながら潜ります。いい加減上がってこないので、少しおとなしくなったところで、「バレないように」、と祈りつつ強めに巻き上げ、空気を吸わせて、最後は先輩がタモ入れしてくれました。

前回の初黒鯛時はここで惚けてしまい、相当気が抜けてしまいましたが、今回はストリンガに掛けると、タバコを1本だけ吸って、さっさと釣りを再開。その後もオカマ〜看板を往復するも、アタリもなく、本日は12時の船で帰港しました。

村本海事さんで計測してみると釣れた魚は51cmの2.5Kgでした。他に釣れた魚も45cmを越えるモノが多く、今日は全体的に大きかったようです。私も50cmオーバが釣れて本当に幸運でした。本日は大雨のため、カメラを取り出すチャンスがほとんどなく、写真はこの1枚のみでした。

P9300933

この魚は持ち帰って種々の料理でおいしく頂きました。

ところで本日の青灯は北風と下げ潮で激しい波が堤防にぶつかってバッシャバシャ。それに大雨が加わり、落とし込んでいるだけで頭から海水を被り、さらに強い雨がそれを洗い流すという激しい状況でした。ただ、海水は気温よりも温かく、被る海水は逆に気持ちよい感じ。
装備はカッパに下はウェーダを履きました。結果的に履いていって大正解でした。次回以降はもうウェーダがデフォルトになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/23

2007年9月23日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り
潮:中潮
干潮:08時29分
満潮:15時52分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:0

三連休の中日だからでしょうか、それとも一日北風が吹くという予報だからでしょうか? 黒鯛師で村本海事さんは混雑していました。

しかし風はほぼ東風、若干北向き。さらに潮は午前中は上げ潮です。なので朝はいつものドックへ。午後から青灯に行くプランを立てました。ドックは他にクラブの先輩2名、ベテランの方2名と私の全部で5人です。大勢いた黒鯛師の大部分はバシャ付いている南の堤防に行ってしまいました。

一昨日と違い、薄濁りが入っています。悪くない感じ。またマルカンの上は風の影響でかなりサラシが出来ていました。そこだけ見ると釣れそうな感じです。しかし、潮がほとんど動いていませんでした。

P9230925

マルカン、平場どちらも良い感じで落とせてはいたのですが、全く反応がありませんでした。
しかし、風は徐々に東から北寄りに変わっていき、青灯もバシャ付きが激しくなっているように見えます。

P9230928

そこで11時頃からドックのメンバ全員が青灯に備え、お昼ご飯を食べ、カッパを着込みます。青灯の話ばかりしていて、まともに釣りをしていませんでした。

そこへ金幸丸が到着。が、何やらプップーと音を立てています。何と早上がりの合図でした。ウネリが強すぎて今日は全堤早上がりとなったようです。大変ショック。しかしどうにもなりません。諦めて帰りました。

結局中廊下で1枚、青灯で1枚だったようです、最初から青灯にしておけば良かったかな? 

しかし、前回釣れてから今回で8回目。ずっとボウズが続いています。回数を数えたら、少しめげました。何とかしたいところです。が、次回の釣行は現時点では未定。明日も北風で相当条件が良さそうですが、ちょっと無理。

これから季節が進んで北風が吹くことは期待できますが、強風のため出船しないリスクが出てきました。気をつけねば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/21

2007年9月21日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:若潮
満潮:14時59分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:3(全て気づかず)

お休みを頂いて平日釣行。諸処の事情で電車での釣行となりました。朝、横浜駅で京急線の乗り継ぎが悪く、かなり時間を無駄にしましたが、6時半頃には村本海事さん着。

黒鯛師はクラブの先輩方を含め、ベテランの方ばかり。人数も少なかったので、うまく堤防を分け、いつものドックは私とクラブの先輩と2名だけでした。

着いて驚いたのは潮が冬の海のように透けまくっていたこと。ここ数日の南風の影響でしょうか。
もう一つ驚いたのはそこかしこに黒鯛の姿が見えること。ヘチから竿一本分くらいのところを悠々とクルージングしていました。
魚が見えていると、「見えている魚は喰わない」とガッカリするのと同時に、「何とかして釣ってやる」と気持ちの浮き沈みが激しく、何とも釣りづらいです。また、かなり沢山の黒鯛がそこかしこにいたので、いつも以上にヘチには近寄りがたく、なかなか緊張しました。

あと、一時期より小さくなった鰯(?)がまたまた大量にいました。

P9210917

ただ、ここ数回ドック堤から黒鯛は離れて落ちのために青灯〜赤灯へ流れてしまったのでは、と思ってしまうこともあったので、そうでないことが判って一安心でした。

しかし、やはり見える魚は口を使わず。平場を流しても全く反応してくれません。

10時過ぎにクラブの先輩がマルカン上で魚を掛けます。しかしハリスが擦れてしまい、痛恨のバラシでした。

昼までやってもやはり何の変化もないので、昼の船で久しぶりに青灯に行ってみることにしました。

青灯のオカマでも再び黒鯛がクルージングする姿を見ることができました、同じように口を使いません。

南風はさらに強まり、上げ一杯までは内側を狙うことに。ハナレまで落とし込みながら行ってみますが、特に反応無し。というより、知らない間に看板近くで二度ツブを割られました。

下げの時間になってからは外側。しかし、外側は潮が動いていないのと、風が当たらないせいで全然釣れる気がしません。

さらに南風が強まり、内側はまあまあバシャ付いてきたので、再度内側をオカマ近くで狙うことに。しかし横須賀から流れてくるゴミが内側に集まり、一投ごとにゴミを外さねばならず面倒でした。が、ある時エサを見てみたら黒鯛の歯形がガン玉に付いていました。これも気づかず。

P9210924

結局このまま納竿。型を見ることができずでした。ベテランの方々は新堤で3枚、赤灯で1枚。私が去ったドックで2枚という釣果でした。最後までドックでじっくりやるべきでした。

写真は久しぶりな青灯の灯台。

P9210918

次回は三連休中に行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

2007年9月17日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後晴れ
潮:小潮
満潮:08時15分
干潮:13時30分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:2

三連休最終日であまり混んでいませんでした。
強い南風が朝から吹き荒れていましたが、何とか出船。私は12時の船で上がりましたが、15時までの早上がりだったようです。

いつものようにドックに渡堤。この時期は黒鯛が「落ち」ていくらしく、青灯、新堤、赤灯が良いらしいのですが、今年はできるだけドック、と決めていたのであまり迷わずに降りました。しかし、実際には新堤、赤灯で釣れていますので、そろそろ考えないといけないかもしれません。

いつも朝一は北面を狙うのですが、今日は空いていたのでマルカン上を狙います。が、不発。風が強すぎてうまく飛ばせずに四苦八苦していたのが魚を散らせたのかもしれません。まだまだ修行が必要です。反対に北面を狙っていたクラブの大先輩が掛けていました。

それでも潮は茶色く濁っており、なかなか期待させます。船着き場ではスケスケだったのですが、横須賀港側から潮に乗って濁りが入ってきているようでした。聞くと昨日も青灯の内側は濁りと南風のせいでなかなか良い雰囲気で外側はスケスケで静かな状態だったらしいです。

P9170896

8時過ぎの満潮後の下げ潮を待ちますが、待てども待てども下げず。潮が弱く、風が強すぎるせいか、結局12時まで上げの方向に潮は動いていました。

マルカン上→平場→北面と流し続けますが、しばらく反応無し。最近姿を見なかったイワシ(?)が大量に泳いでいて、たまに追われて水面をバシャつかせているのがそこかしこに見られました。

P9170899

10時過ぎに平場で突然アタリがありました。鋭い引き込みのアタリで、即合わせましたがすっぽ抜け。針先を完全にツブの中に埋め込んで釣っていたため、どこにも引っかからなかった様子。ガン玉に歯形も付いていませんし、ツブも潰されていませんでしたが、フグではないアタリ。一ヶ月ぶりのアタリに感激し、俄然やる気が湧きました。同様に別の人にもアタリがあり、同じくすっぽ抜け。

今度は針先を出して、同じように平場を落としていきます。するとまたしてもアタリ。しかし今度はちょっと「おや?」と思っただけで反応できずに、回収後にツブをチェックするとガン玉にだけ歯形。吸い込んで一咬みしただけでした。下は記念の歯形写真。。。

P9170908

残念ながらそれで終了。それでもアタリがあっただけ、面白かったですね。次回は次週三連休のいずれかでの釣行予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

2007年9月15日 江戸川 釣果 ハゼ

場所:江戸川
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:12時41分
満潮:18時30分
時間:11時30分〜14時00分
仕掛け:天秤仕掛け
水温:未計測
釣果:ハゼ×50位

最近家の前の川でハゼが釣れなくなったので、本日は息子と一緒にボートハゼ釣りに出かけました。

妙典近くの伊藤遊船さんに11時過ぎにノンビリ着いてみると、天気も良いせいか、相当のボートが出ているのが見えました。

受付を済ませて早速我々も動力船に乗り込み、手こぎボートのところまで連れて行ってもらいます。地下鉄東西線の鉄橋をくぐり、少し行ったところで手こぎボートに乗り込みました。

写真はポイントから見た江戸川上流方面。

P9150888

こちらは東京湾方面。見えているのは多分京葉道路。

P9150893

エサは船宿で買ったイソメと家から持ってきたムキエビを使いました。イソメを使って釣り開始すると、落とした傍からアタリがあります。いやー、黒鯛と違って判りやすいな、、、と思いつつ、息子の面倒を見つつ、釣ります。

まだ小さいのも多く、このサイズも3割くらい。

P9150890

食べやすそうなこのサイズも3割くらい。

P9150894

あとはこの中間くらいでした。

お昼ご飯を食べながら、ノンビリ釣りました。息子も10匹以上釣って喜んでいましたが、2時間もやると飽きてしまい、帰ることにしました。またまた動力船に拾ってもらって船着き場に戻ります。

結局全部で50匹ほど釣りました。そのうちとても小さいのはリリースして、持ち帰ったのは36匹。これが今夜のおかずの天ぷらになります。

黒鯛については明日または明後日の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/09

2007年9月9日 野島防波堤 釣果 カサゴ、メバル、アジ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後晴れ
潮:中潮
干潮:09時43分
満潮:16時44分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:カサゴ×4、メバル×1、アジ×1

黒鯛のアタリ:0

朝5時40分に村本海事さん着。すでに車は一杯で漁港の駐車場。

台風一過の昨日は各堤防で調子が良かったと聞いたので、期待していつものようにドック堤に渡堤。かなり混雑するか、と思っていたのですが全部で7名くらい。釣りやすい人数でした。

朝一、北面にいの一番に落とさせて貰いますが反応無し。反対にマルカン側で別の人が掛けるもバラシ。

天気はどんよりとした曇りでなかなか良い感じでしたが、風が南風なのと、潮が緑色に澄んでいて、何とも魚がいないような感じでした。北面、平場と流しますが、朝の9時頃には下げ止まってしまいました。

P9090881

上げ潮の時間になってもあまり動かず、また潮がますます澄みます。さらに天気予報は外れ、天気はピーカンに。ますます釣れる気がしなくなります。

クラブの先輩が12時の船の時に青イソメを注文したので、それをもらってしばしカサゴをいじめることにしました。

P9090882

カサゴ、メバル、はたまた回遊していたのかアジまでかかりました。8月12日以降、ほぼ魚のアタリがゼロだったので、すっかり面白くなってしまい、随分遊んでしまいました。黒鯛もせめてアタリだけでも同程度あればいいのですが、、、あと、そこかしこでナブラが起こっており、恐らくワカシがイワシを追い回しているような感じでした。

14時頃から潮が動き、南風が強まり、さらに青灯の向こうから茶色く濁った潮が流れてきます。かなり潮も高くなり、いかにも釣れそうな感じになります。平場を集中的に流しますが、全く反応がありません。ドック堤から黒鯛はいなくなってしまったような感じです。

結局16時には潮が止まり、その後ほとんど間をおかずに下げ始めます。北面、平場を引き続き狙い続けますが、同じく反応無し。納竿となりました。

野島全体で黒鯛は赤灯での1枚のみ。ドック先や青灯では姿は確認できたものの、口を使わなかったそうです。でも、ドックでは姿を見ることもありませんでしたから。。。

それ以外、ワカシやスズキは数はなかったものの良い型が出ていました。魚はドック先から南に移動してしまった様子。

次回はちょっと未定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

2007年9月2日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り時々晴れ
潮:中潮
満潮:08時19分
干潮:13時47分
時間:07時30分〜16時45分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

アタリ:0

本日はクラブの大会でした。昨日村本海事さんがお休みだったことと、他のクラブの例会も重なって船は一杯でした。

いつものようにドックに渡堤。北というより東よりの風と波が高いせいで防波堤は全般的にバシャ付いていました。なので青灯が人気。それでもドックに10名くらいが降りました。

朝イチ、師匠のクラブの先輩がまだ皆が船から降りているときにマルカンで一枚掛けます。後に続け、とこちらは北面を狙ってみますが、朝の魚はいませんでした。

しばらくして潮が下げ始めます。北面を中心に平場、マルカンと万遍なく攻めますが、反応無し。エサをタンクガニ、ヒライソガニ、ツブとローテーションしても、フグにカニがかじられただけでした。結局午前中は誰にもアタリすらなく、何ともイヤな雰囲気。9時の船で青灯に移動した師匠の先輩に電話で確認したところ、先輩は青灯でもしっかり釣っていました。

P9020875

12時の船で他の堤防から数人がやってきて、またしても10名を超える混雑ぶり。

13時頃には上げはじめます。今度は住友ドック側の平場を中心に流していきますが、反応無し。一度マルカンの上でツブが潰されましたが、ガン玉に歯形もついていなかったためにフグのようでした。

その後、平場を流しているとき私の後に流したックラブの先輩が50センチ弱の大物を仕留めます。最近、私の後に流す人が釣る、というパターンが多く、一体何が悪いのだろうか、と悩んでしまいます。

そのまま16時には潮が止まりジ・エンド。納竿となりました。

青灯もそれほど潮が効いていたわけではなかったようですが、それでもドックよりは魚の気配があったようです。ドックは全くと言っていいほど反応がありませんでした。沢山いたイワシも姿を見ることができませんでした。シーバスやワカシと一緒に青灯に行ってしまったのか?

ところで今日は師匠の先輩からもらったミドリのイガイも使ってみました。

P9020879

特に今回に限っては、ミドリの効果は確認することができませんでした。次回も利用する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »