« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007/11/25

金剛夕なぎ2.4Mの補強

穂先の製作

10月8日の釣行で折ってしまった金剛夕なぎ竿2.4Mの穂先を修復すべく、以前から購入していた物品一式で穂先を製作しました。

P7020721

これは新うるしや薄め液、エポキシ剤など。

P7020722

これはSICガイド。これが一番高かったです。

P7020723

これはソリッド。

以上、全てを神田の釣り具の櫻井でいろいろと相談に乗ってもらって購入しました。

P7020724

まずはソリッドを元の穂先の長さに合わせてマーキング。

P7020727

糸鋸で切断。

P7050729

元竿にスッポリはまるように、丸ヤスリと紙ヤスリを使って整形。ここですこーし失敗して削りすぎましたが、「ややスッポリ」くらいにはなりました。

P7050732

次に新うるしと薄め液を使って、、、

P7080737

塗装します。本当ならば「フィッシングロッドモーター」という名称のモーターを使って乾燥させながらクルクル回す設備があった方が良いらしいのですが、私の場合はタバコの箱にミゾを切って、そこに置いて手動で回しました(^^;。

P7170758

2週間ほどかけて数回重ね塗りして完成。多少ムラが出ましたが、実用上問題のないレベル。気になったところは紙ヤスリで落として、再度薄く塗るなどしました。

P7220764

続いてガイドの取り付け。先になればなるほど、糸をうまく巻くことができず、かなり不格好になりました。巻いた時点で、エポキシ剤を薄めて、塗って固めておきました。

P7250766

元の方のガイドはそれなり。

このあと、全てのガイドに数度エポキシ剤を薄く塗って完成。ただし、乾燥させているうちに液だれができて、膨らんでしまったので、それをヤスリで削るなどしました。

P7260773

完成した先端部分。やはり液だれ後が残ります。糸の滑りが悪くならないようにヤスリはかけました。

P7260774

これが全体像。

以上、完成。

今月は忙しくて釣行出来ていませんが、12月に入れば何とかなりそうなので、この穂先でアイナメを狙って、調子を見てみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »