« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008/08/31

2008年8月31日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後晴れ
潮:大潮
満潮:04時46分
干潮:11時15分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

黒鯛のアタリ:1

本日も釣果ナシで、七連敗に突入。しかも8月は全敗。昨年ですら8月には釣れているのに、、、来年の夏まで釣れないか?

本日は金剛夕なぎ竿の新しい穂先を使用。昨週、仕事の移動時間を利用して神田でオールSICの穂先を購入してきました。自作のモノは穂先が垂れてしまい、使いにくいため、買ってみました。

P8271397

あまり時間がなかったので、ササっと買いましたが、ちょっとばかりガイドの取り付けにバラツキがあります。それでも垂れていないので、良しとします。

朝6時頃に村本海事さん着。昨日、荒天の中、クラブの師匠格先輩がドックで大釣りした話題で盛り上がっていました。今日は天気が回復したせいもあって、まあまあの人出。風もそれほど吹いておらず、定刻通り出船。一応カッパを着込んで飛沫に備えます。

朝一はクラブのシオケンさん、もう一名の先輩と共にドック先に降ります。計5名。昨日ドック先には誰も降りていない、とのことだったので、期待しましたが、反応無し。東側は潮も動いているし、茶色く濁っていますが、すでに潮が低くなっているのと、バシャ付きがありません。南を見ると青灯で名人がタモ入れしています。いきなり堤防を間違えました。

運良く8時半の船が来たので、早速移動。青灯へ。

P8311399

一通りオカマから別荘まで数回流します。一度ハナレで、いわゆる「素針」を引いて、ツブが無くなった針が帰ってきます。ガン玉には黒鯛の歯型が。少し沖目に投げていて、糸ふけが出過ぎていたときだったので、全く気づかず。これが本日唯一のアタリ。

午後の上げ潮はドックに行こうと、移動の準備のためオカマに戻ると、結構釣れています。今日はハナレ側はダメで、オカマからブッツケの間が好調だったようです。6枚出ていました。

青灯をせかせか釣り歩いているときにブログを読んでいる方から声をかけてもらいました。午後は帰られたので、あまりお話しできませんでしたが、また今度よろしくお願いします!

ところで、10時過ぎ頃からかなり天気が良くなってきて、曇天があっという間に快晴に。

P8311400

これが、、、

P8311401

こんな感じに。

さらにドックに渡ると、さらに天気が良くなり、ドピーカンになりました。

P8311402

かなりの日照りでした。

ドックは上げの潮がカッ飛んでいて、初めはまともに釣りになりません。しばし休憩を取りながら、14時くらいから少しゆっくりになってきたので、台の上、平場を丹念に狙います。が、結局16時まで全くアタリ無し。納竿となりました。

前回のボウズはかなりめげたのですが、今日は堤防も3箇所行きましたし、穂先の使い勝手などいくつかのテーマをクリアしたので、納得感のある釣行でした。ちなみに新しい穂先は気に入りました。ラインを出すときに竿をあおっても、ラインが跳ねずに出ていきます(表現難し)。これで釣れていれば、、、、

次回は次週日曜日のクラブの例会に参加する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

2008年8月23日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後雨
潮:小潮
満潮:09時28分
干潮:14時27分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1

黒鯛のアタリ:2

またもやボウズを食らって、ついに六連敗となってしまいましたweep

現在車が修理工場入りしているため、朝、同じクラブのシオケンさんが拾ってくれて村本海事さんへ。到着すると、駐車場ががら空き。今日は潮が良い割には空いていました。ただ、クラブの人は大勢集まりました。昨日の様子を聞くと、ナライが激しくて堤防全体で22枚出たとか。

朝一は青灯に渡ることを軽く決意して、船に乗ります。と、青灯で人が降りる降りる、、、そこで決心がぐらつき、クラブの会長と副幹事長と共に新堤へ。新堤は4人。

P8231392

降りてコバから平場を流します。潮は青緑に濁っていて、先週の大会よりは好条件。風もそこそこ吹いていて、バシャついています。

しかし、コバは特に反応無し。平場に移り、見ると早々に副幹事長がマイルポスト付近で一枚掛けていました。早い。

平場で数投するとツブを潰されます。さらに、看板前位で着底聞き合わせると反応がありました。一旦テンションが掛かりましたが、残念ながらすぐに外れてしまいました。ツブも潰されていました。今日の黒鯛アタリはこれで終了でした。

午後は電話で確認して好調なドック先へ。午前中に5枚出ていました。

P8231393

降りるとすぐにクラブのAさんが三枚目となる良型を廊下で掛けます。私の分にとって置いて欲しかった、、、

風がぶつかって廊下の部分はどの堤防よりもバシャついていて良い感じに思えましたが、すでに潮は止まっている感じ。その後アタリは誰にもありません。14時には上げの潮も入ってきます。そこで一旦休憩。食事を取ります。

その後、納竿まで粘りますが、釣れたのは今期最大級のフグのみ。40センチ近くありました。掛かった直後の引きが黒鯛とは違って、鋭さがないため「あ、フグだ」と判ってガッカリしますが、その後はかなり暴れてタモ入れまで少し苦労しました。

P8231394

結局それで納竿。今日は堤防全体で15枚以上出ていたようです。

しかし、あまりにも釣れません。サイクルが悪いというか、何かが欠けているような、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/17

2008年8月17日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後雨
潮:大潮
満潮:04時39分
干潮:11時23分
時間:07時30分〜14時30分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×2

黒鯛のアタリ:0

本日は第三回野島杯が開催されました。お手伝いのために早めに出発。念のためにカニエサも仕入れて、5時前には村本海事さん着。ここ2回、クラブの大会にも参加していないので、ご無沙汰していた皆さんと話をしつつも、早々に駐車場係を勤めます。

7時過ぎに村本前に戻って、慌てて準備。そこでつり下げていた虫かごがロープから切られて落とされていることを発見。仕方がないのでツブを探索。その際に手を随分傷つけてしまいました。

総勢100名越える東京湾の黒鯛師が集まっていて、皆さんほぼ真っ黒に日焼けしていて、見るからにベテランという感じです。全員が一度に出撃するので、70名乗りの船が2杯同時に出船。渡る場所に応じて船が違います。それでは、と船を見るともう一隻に比べて明かに混んでいましたが、強い北風が吹いているので人数に関わらず青灯に渡ることにしました。波飛沫を被ることを想定して、渡る前からカッパも着込みます。

P8171387

最初はオカマで渋滞が発生していましたが、そのうち皆ばらけて、それなりに釣りやすくはなりました。予想通り波飛沫を頭から被るほどで、なかなかのコンディションでしたが、朝一は全くアタリ無し。他の誰にもナシ。それにしても、気温が低く、カッパを着ないと寒くてやっていられないほど。さすがに水温も下がってしまったのではないかと心配になります。

ヘチ→竿一本先、ツブ→カニといろいろ試しながらオカマ〜別荘を何度か往復。エサをカニにすると確実にフグが当たります。そのうち2匹は針に掛かりました。

P8171386

しかし、一時期に比べフグのサイズも落ちたように思えます。

結局何もないまま潮止まり。青灯ではバッシャバシャの中、相当の人数で攻めて、何とか別荘とオカマで1枚ずつの2枚だけ。誰に聞いてもアタリもなかったとのこと。

午後も移動せずに青灯に残ります。引き続き北系の風が強くて、外側がバシャ付いていたので、それに期待しました。移動している人達を見ると相当の人がドックに向かったよう。ドックを見ると、大渋滞していました。

P8171389

時間ぎりぎりまでバシャ付いているところにツブを落とし続けますが、結局黒鯛のアタリは一度もありませんでした。5連敗。

帰港して抽選会にて釣り用の除菌消臭スプレーをもらいました。良かった良かった!

次回は週末の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

2008年8月12日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ一時雨
潮:中潮
干潮:08時10分
満潮:15時56分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1

黒鯛のアタリ:0

先の週末に帰省がてら伊豆に行ってきました。沢山の堤防がありますが、今回は近所の堤防ではなく朝早くに多少遠征してみました。できれば黒鯛を落とし込みで釣れるところがあれば、と思い、二箇所回ってみました。が、やはり黒鯛を落とし込みで釣るのは難しそう。

P8101361

写真は稲取港ですが、これ以外も堤防がやたらと高いのと、潮がいつ行っても澄んでいます。また、堤壁にイガイが全然付いていません。フジツボは結構付いていたので、落とすならフジツボかもしれません。

さらに午後に城ヶ崎近辺の磯に行ってみます。

P8101362

ここはなかなか良さげですが、イソメを餌に落としたり流したりしてみると、かかるのはベラばかり。ここも潮が澄んでいるので、やるならばコマセを撒かないと辛そう。

結局黒鯛には会えずに帰宅しました。伊豆で落とし込み黒鯛が釣れる堤防はあるのでしょうか? また次回は別の策を考えてみるつもりです。

さて、本日はプチ夏休みをもらって、野島に出撃。クラブの週間大会でもあり、気合いが入ります。村本海事さんにいつもの時間に着くと結構な人。潮回りも悪く、誰もいないかな、と思っていたのですが、甘かったようです。

今日は終日上げ潮なので、青灯の内側で釣ることをテーマにして、青灯で一日粘ることにしました。

定刻通り出船。青灯にはクラブの副会長他8人くらい降ります。早速下げ潮の止まり際を狙うも、すでに完全に潮が止まっていました。かつ、潮が澄みまくっています。青灯オカマにはクルージングする黒鯛の群れ。見えている魚はおいといて、とりあえず看板向こうまで落とし込んでいきます。が、何の反応も無し。

その後、テーマ通り内側に落とし込みを開始します。先日内側で釣ったクラブの先輩に電話をかけてポイントについてもアドバイスをもらいます。が、こちらも潮が動いていない。せいぜいオカマで多少流れている程度。風もさわやかな微風で、バシャ付くこともなし。

11時過ぎに、風もなく潮も効いていないにもかかわらず、外側・内側ともに何故かバシャ付き始めます。

P8121365


そこで、外側にちょっと落とし込んで、聞き合わせをすると、生体反応。キター!と思うとまたしても軟弱な引き。フグでした。

P8121364


その後もひたすら内側に落とし込み。1時半過ぎにようやく潮が上げてきて、かつ内側には濁りも入ります。また、風も強くなっていき、バシャ付きすらし始めます。

P8121366

が、結局何もなくそのまま納竿。

本日は新堤で2枚、青灯で1枚、ハナレで1枚、ドック先で1枚、計5枚だけだったそうです。うち3枚はほぼ朝一の釣果。厳しい。。。

ついに4連敗。次回は8/17(日)の野島杯の予定。駐車場係をやる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

2008年8月5日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り
潮:中潮
満潮:07時01分
干潮:13時22分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1

黒鯛のアタリ:1

本日は仕事をお休みして釣行。しかし、せっかくの平日釣行にもかかわらず、悔やまれる結果となりました。

定刻通り出船。ドック5名、ドック先2名、青灯1名、新堤4名でした。初めは青灯を考えていましたが、潮が澄んでいたので、少しでも水深がある新堤にしました。風は南の微風。曇り空でそれほど暑くなく、過ごしやすかったです。

P8051349

まずはコバに数投しますが、特に反応無し。台の上に魚がいるかどうか見てみましたが、船着き場に偏光グラスを忘れてしまい、今ひとつよく判りません。早々に平場のヘチ狙いに変更します。

潮は良い感じで動いており、偏光グラスはないものの、それなりに濁っているようです。一流し目、看板を過ぎて、落とし込むと、一ヒロ位入ったところでコッと押さえ込むアタリがあり、軽く合わせると、まず、ぐっと潜られ、次に沖にダーっと走り出し、、、たところで、ハリスが切れました。キターと思う間もなく切られてしまいました。

前々回の青灯といい、どうやら着底前にタナで当たると、心構えが出来ておらず、慌ててしまってサミングが強すぎるようです。

同じ頃一緒に新堤に渡った釣りの先輩も2バラシ。

その後、昼の船までずっと潮は流れていて、なかなか良かったのすが、潮が下がると同時にアタリが遠のきます。馬の背に降りることも考えましたが、先行した方がいたので止めました。後でお話しを伺ったところ、反応無かったとのこと。

結局新堤は朝一マイルポスト近辺で上がった1枚だけ。私はいつものようにフグだけ。昼の船で全員移動または撤収しました。

私はドック先に移動。入れ替わりにクラブの先輩が1枚持って撤収されました。

P8051350

ドック先にはいつものYさんがいらっしゃって、すでに2枚上げていました。しかも2枚とも平場とか。

まだ下げ潮が残っているかな、とすぐに釣り始めますが、すでに潮は止まっていました。仕方がないので、お昼ご飯を食べながら休憩。

その後、南風が強まり、さらに2時半過ぎから上げ潮が動き出し、マルカン側でドック→外側と流れ始めます。3時からの残り1時間、ずっとコバに貼り付いて台の上を流し続けます。

P8051353

が、結局何の反応も無し。フグのアタリすらナシ。納竿しました。アタリは朝の一枚だけ。バラしたのが悔やまれました。帰りの船でクラブのT大先輩にお話しを伺うと、ドックは2枚+アタリ、青灯の方に聞くと2バラシ、と各堤それなりに反応はあったようです。

途中、北の方で雷が鳴り響き、大丈夫かな、と思いました。が、野島は小粒の雨が少し降っただけ。東京、横浜で豪雨だったとは、後で知りました。

次回は仕事の関係で少し間が空いて再来週の野島杯になる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

2008年8月3日 野島防波堤 釣果 フグ、メバル

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:05時34分
干潮:12時17分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ×1、メバル×1

黒鯛のアタリ:0

いつものように釣行。午前中下げ潮、午後上げ潮なので午前青灯、午後ドックの予定。しかし、村本海事さんに着いたところ、昨日、クラブの先輩が青灯で大釣りしたとの有り。何と午後の上げ潮で青灯の内側で4枚も上げたとのこと。その話を聞いて一日青灯で釣ることを決めます。

その情報のせいなのか、青灯は一番人気。クラブのメンバやベテランの方、ルアーの方、投げの方、とにかく大勢。しかし、朝一は誰も釣れません。

P8031344

強い南風のせいなのか、オカマ近辺はあまり潮が動いておらず。仕方がないのでいつもは行かないハナレの方まで遠征。そうすると潮が動いています。そういう時間なのかな、と思い、またまたオカマまで戻るもやはり動いていない。そんなこんなを繰り返しているうちに、4枚ほどハナレで釣れていました。そのうち1枚はクラブの新人の方。本当におめでとうございます! やはり潮が動いているところで釣らないとダメですね。

途中、投げでシロギスを狙っている方のバケツを見ると、短時間でかなり釣ってらっしゃいました。しかも大きい! 

結局午前中は巨フグ1匹で終了。何度かツブを潰されていましたが、恐らくフグのもの。潮は下がると同時にかなり澄みまくり、底がしっかりと見えるほど。そこかしこで黒鯛がクルージングしているのが見えました。

午後は昨日に続け、とばかりに内側を狙います。風も強まり、バッシャバシャになります。

P8031348

かなり期待ができましたが、少し潮が澄んでいるのと、風ばかりで動いていないのが気になります。それでも波飛沫を被りながら、落とし込みます。すると、ツブでメバルが釣れました。。。

P8031347

結局内側ではテラス近辺で1枚上がっただけでした。フグのアタリすらなし。やはり内側は難しい。納竿。

次回は明後日の予定。どこに渡るか悩ましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »