« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008/11/09

2008年11月9日 野島防波堤 釣果 アオリイカ他

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇りのち雨
潮:中潮
干潮:07時27分
満潮:14時18分
時間:08時30分〜15時30分
仕掛け:エギング、落とし込み
水温:未計測
釣果:アオリイカ×2、イイダコ×1、(メバル、カサゴ、ベラ、ウミタナゴ)×多数

黒鯛のアタリ:0

1ヶ月弱ぶりの野島釣行。前回釣行時にイカが爆釣しているのを見て以来、少しずつ深場に落ちていっているようで数は日に日に減っていってはいますが、それでも毎日何杯かは釣れていて、下手な黒鯛よりはずっと出ています。そこで、今回はエギを持って行ってアオリイカを狙うことにしました。ついでに昨日子安丸で仕入れたボサエビも持って行き、アイナメを狙いつつ、あわよくば黒鯛も、というシナリオ。いずれにせよ黒鯛の盛期も終わったので、肩肘張らない釣行としました。

7時に村本海事さん到着。クラブのシオケンさんが会社の後輩を連れて到着したところに遭遇。野島ファンになってくれるといいのですが、、、

初めはそうでもなかったのですが、あれよあれよという間に相当の人が集まり、船は一艘だけのものの、ほぼ満杯。皆、イカか? と思いましたが、ほとんどの人が投げかチョイ投げの人。定刻通り出船、大勢の人がいてちょっと躊躇しましたが、イカを狙うなら、ということで青灯で降ります。

相当の人数でした。

Pb091530

降りてすぐにオカマでエギングのベテランさんが掛けます。その人のやり方を真似ながら、初めてのエギングに挑戦。着底を待って、あおって、また着底させて、再度あおろうとすると、なにやら重たい。根掛かりか、と思うも、巻けるので、ずるずる巻いてくると、生命反応がありました。どうやらイカのよう。が、すぐに外れます。

が、何となくやり方とアタリが判ったので、何度か繰り返しているうちに、グーっと重くなり、完全に掛けます。そうして上がってきたのが、30センチ以上ある大きなアオリイカ。久々にタモを使って上げました。その後朝のうちは何度も当たりますし、足下まで寄せることも数回ありましたが、上げられたのは最初の一杯のみ。

イイダコまで釣れました。

Pb091528

その後アイナメ狙いに変更。いつものヘチ竿でボサエビを落とし込んでいきます。が、外道がすごい! 一投するたびに餌が取られます。少し早めに合わせるとベラが釣れました。その後もベラが多い、多い。その他メバルもカサゴも釣れますが、アイナメは全く釣れません。

Pb091531

Pb091532

あと、ウミタナゴも大きいのが沢山釣れました。

いい加減ボサエビももったいないので、お昼前に再度エギングに変更。アタリは朝に比べて減ったものの、小さいのを一杯上げることができました。

その後、ボサエビでアイナメ狙い→エギングを繰り返し、最後はエギングで終わりました。結局アオリイカは2杯のみ。アイナメは0でした。

同じ青灯オカマでやっていたエギングのベテランさんは8杯。その方に締め方を教えていただき、持って帰りました。その他、ドックや新堤でもイカは出ていたようです。

写真は捌く直前のアオリイカ。イカは体が受け付けないのですが、少しだけ食べてみました。

Pb091536

ところで新堤では帰港直前に真っ黒な居つきの黒鯛も出たとのこと。昨年も年末まで釣れていましたので、まだ黒鯛は狙えると思っています。年末まで数回は釣行予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »