« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009/05/17

2009年5月17日 野島防波堤 釣果 メバル

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:雨後曇り
潮:小潮
満潮:09時00分
干潮:16時16分
時間:07時30分〜11時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:メバル×1

黒鯛のアタリ:0

昨日はクラブの大会でしたが家庭のイベントのため参加できず。ドックで随分釣れたようです。代わりに本日釣行。

昨晩から南風が強まっており、今朝もすでに10m近い風。それでも出発。今年は釣りに行ける日が限られているので、可能性があるのであればトライします。

村本海事さんに6時過ぎに着くと、クラブの黒豚さん、ご釣友、Y田さんが先行していました。しかし、時間が経ってもお客さんは現れず。出船間近にベテランのHさんを加えて5名で出船。

今年はドック先と青灯で頑張ろう、と思っていたのでドック先に。Y田さんも一緒です。

P5171935

今日はツブとカニを使います。ヘチはツブ、台の上はカニを流しますが、台の上をカニで流してフグに持って行かれるのみ。何故かメバルもカニに掛かります。メバル、ホントに沢山いるみたいです。

南風が強まり、竿が振られて何が何だか判らなくなってきた頃、早上がりの迎えが来て納竿となりました。

本日は黒豚さんがドックで1枚。まだお腹に卵を抱えていたようです。

この後5月は忙しくて来られるかどうか微妙。どこかで午前中だけ子供とメバルを釣りに来るかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/08

2009年5月8日 野島防波堤 釣果 メバル、カサゴ、アイナメ、フグ、ウミタナゴ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:雨後曇り
潮:大潮
干潮:10時22分
満潮:17時05分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:メバル×多数、カサゴ×2、アイナメ×1、フグ×多数、ウミタナゴ×5

黒鯛のアタリ:0

本日はお休みを頂き平日釣行。

天気はすこぶる悪く、子安丸さんでボサエビ購入後湾岸線を走っていると大雨になります。

しかし、村本海事さんに着くと、ほぼ小雨状態。雨のため、お客さんも少なめ。恐らく10名程度。ただし、ベテランの方ばかり。クラブの先輩も二名来ていました。

定刻通り出船。どこに渡るか迷いましたが、一日北風が吹く予報だったので、青灯へ。クラブのA木さんと他のベテランの方の3名のみ。

P5081923

潮は少し速めでしたが良く動いており、適度な濁りも入ってとても良い感じ。が、一昨日のようなバシャ付きはありません。

ボサエビを落とすと、お約束のフグ。

P5081922

段々大きくなってきたウミタナゴ。

P5081927

ソコリ1時間前くらいにほぼ雨は止んだのですが、代わりに雷がなり始めます。光らず、遠くの方で音が鳴っているだけだったのでそれほど心配はしていなかったのですが、そのうち竿が帯電し始めます。素手で触ると、「バチッ」と音を立てて電撃が走ります。まともに持てなくなったので、しばし休憩を取ります。

そのうち雷の音も聞こえなくなり、と同時に帯電も解消。初めてだったので、本当に驚きました。

結局下げの潮では本命のアタリはなし。

ソコリ後、上げの潮に変わっても、ブッツケを中心に左右に潮が動いています。今年の青灯は上げ潮の時も沖側の潮が動くようです。一体どのように潮は流れているのか、本当に不思議です。

しかし、12時半になると、風が止まります。完全に凪いでしまいます。予報と随分違います。

するとメバルが釣れ始めます。ミチイトを弾くようなアタリが連発。写真以外にもかなり大型も釣れました。

P5081924

カサゴも混じります。

P5081929

結局子安丸さんで購入したバケツ一杯のボサエビが無くなるほどメバルは釣れました。20匹以上は釣れていると思われますが、数えませんでした。

本日最小サイズ。

P5081932

納竿前に釣れたアイナメ。40センチくらいでしょうか。

P5081933

結局散々メバルを釣って終わりました。黒鯛の釣果、堤防全体ではドック、ドック先で1枚ずつ出ていました。

次回は5月の終わり頃になる予定です。このままでは今年初が出るのが6月、7月になりそうです。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/06

2009年5月6日 野島防波堤 釣果 アイナメ、メバル、カサゴ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:曇り後雨
潮:中潮
干潮:09時13分
満潮:15時39分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:脈釣り
水温:未計測
釣果:アイナメ、メバル、カサゴ

黒鯛のアタリ:0

本日はGWの家族サービスで息子を連れて野島釣行。彼の初の野島釣行、にもかかわらず天気が悪く、辛いかなー、と思いきや、小雨&強風の中、釣りをしたことが勇ましかったのか、本人は至ってご機嫌でした。

渡堤する時にお世話になったH名人やkariさん、どうもありがとうございました。また、船宿や船着き場で声をかけてくれたSさん、バードさん、どうもありがとうございました。息子は話しかけてもらってとても嬉しかったようです。

いつも通り6時に到着。この時点で3名のみ。結局雨のせいで出船時も20名には達しなかったようでした。

私と息子は青灯に渡堤。他に名人の方2名も一緒に降ります。邪魔にならないように、かつバッシャバシャの飛沫を被らないようにオカマの灯台裏で竿を出します。天気は悪く、小雨も止む気配がありません。

P5061914

息子は細身の磯竿。風が強いので重めのオモリと青イソメでメバルを狙います。一投目からキンポがかかりますが、これは料理できないのでリリース。

その後適度にアタリはありますが、小さい魚なのか乗りません。それでも、30センチくらいのアイナメや25センチくらいのメバル、20センチくらいのカサゴを釣って、息子は釣りを堪能したようでした。アイナメは特に引いたので、飛び跳ねて喜んでいました。

ただし写真はマイクロカサゴ。

P5061920

持ち帰りはメバルとカサゴ。これは本日両方煮付けになりました。カサゴの方が人気有り。

結局天気が悪くなっていくばかりなので12時で全員上がり。船宿ではストーブも焚いてくれて、凍えた体を温めました。確かに最後は寒かった。

なお、本日は横須賀軍港からUSSジョージ・ワシントンが出港するところを観ることができました。艦橋に型番(?)のCVN-73の「73」がはっきりと見えました。天気が悪くて今ひとつ良い写真が撮れませんでしたが、、、いつもは大きく感じる海上保安庁の船が伴走していると小舟に見えます。赤灯には写真専門の方が二名渡堤するほど。

P5061919

本日は息子に付きあってヘチ竿は出しませんでした。次回は休みが取れるかもしれない、明後日に釣行予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/03

2009年4月26日〜30日の駅弁とおみやげ

仕事でインドへ。

空路はシンガポール航空。当然エコノミーでしたが、機内食はまずまずでした。写真を撮り忘れました。

ムンバイからプネー。人口450万人の街へ。

表通りの街並み。右に並んでいるのは三輪自動車のタクシー。普通の街です。

P4271851

裏通りの街並み。雨が降らない季節なので、埃っぽい。作りかけているのか、壊れかけているのか判らない建物も多数。

P4271852

夜の喧噪。信号の数が少ないし、速度の違う乗り物(早い乗用車とバイク、遅い三輪車とトラック)が走っているため、ただでさえ危なっかしいのですが、運転がメチャクチャ荒いため、日本人は絶対に運転できません。運転者・歩行者の命知らずぶりは中国以上。四六時中クラクションが鳴っています。あと、パッシングも好きな模様。

P4281874bright

食べた食事。非菜食主義者向け。鶏肉でした。いずれにしてもカレー。インドは菜食主義者が多いので、インド料理だけでなく、イタリア料理、中華料理、どこに行っても2パターン用意されています。

P4281868

デザート。インディカ米を甘いクリームの中に入れたもの。日本に似たものはありません。

P4281871

最後のお口直し。竹の皮(?)の中にミントが詰められているもの。皮ごと食べます。まあまあいけました。

P4281872_2

総じて、食べられるものばかりでした。四川料理のように真っ赤っか、という度を越えた罰ゲームのような辛さもなく、美味しかったです。

おみやげは、、、

香辛料の詰め合わせ。

P5021897

黒胡椒&白胡椒。どちらもムンバイ空港で。

P5021899

干し豚肉に甘辛く味付けしたもの。これは途中乗り換えたシンガポールのチャンギ空港で。

P5021900

なお、旅程は22時間もかかり、帰りは体調不良で発熱しました。豚インフルエンザが流行しているので、自己申告して検疫所でいろいろチェック。が、消化器系不調と疲れによる発熱ということで無罪放免されました。今はすっかり体調は戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »