« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009/10/30

2009年10月30日の駅弁とおみやげ

インドに出張しました。

前回はシンガポール経由で行ったため、大変な旅程でしたが、今回はムンバイ直行便でさくっと行きました。と、言っても11時間はかかりましたが。

飛行機はこれ。

Pa302269_2

何だか小さいなぁ、と思っていたら、本当に乗り込んだのは20人くらい。ただし中は全てビジネスクラス用の座席でした。実際にビジネスクラスとエコノミーの違いは座席の前後の幅のみ。機種はボーイング737で本当に「ちょっとした」飛行機でした。

中国、東南アジアの上を越えていくので、GPSロガーで記録するのを楽しみにしていたのですが、残念ながら高度が高すぎると衛星をキャッチできず。また途中で景色を見る間もなく爆睡してしまい、どこを通ったかは判らずじまいでした。

途中機内食で出たのはこれ。

Pa302270

カニご飯とイナダの照り焼きでした。イナダ、今年は沢山穫れてますから。なかなか美味しかったです。

その後、高度が下がってきたところを見計らってGPSロガーで記録開始。画像はインド西部の海岸部。ムンバイに着いてから、さらに車で4時間走ってプネに到着しました。。。

India_17


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/20

2009年10月20日の駅弁とおみやげ

仕事で名古屋に行ってきました。

前日夜中に仕事を終え、当日朝8時過ぎに新幹線に乗って帰京。朝ご飯代わりに駅弁を食べました。

前回から気に入っている地元名古屋の名古屋だるまのみそかつ ヒレ重を購入。

外はこんな感じ。

Nec_0082

中身はこんな感じ。

Nec_0083

右上に卵がありますが、これが半熟卵で味噌カツの上に割って乗せて食べます(と書いてあった)。

Nec_0084

良い具合に黄身が割れて、何とも美味しそうな感じになりました。ご飯が進みます、と何とも朝ご飯らしくない駅弁でした。惜しむらくは冷たいこと。熱ければもっと美味しいのに。
あと何種類か味噌カツシリーズがあったので、次回も種類を変えて食べてみたいと思っています。

GPSロガーにて計測した経路は以下。

Tokyonagoya

静岡県のトンネルで計測できなったのか、駿河湾を横断してしまいました。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/18

2009年10月18日 野島防波堤 釣果 イイダコ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:大潮
満潮:04時50分
干潮:10時40分
時間:08時30分〜12時00分
仕掛け:イイダコテンヤ
水温:未計測
釣果:イイダコ×20くらい

本日は息子を釣れて釣行。今年は本人によるとすでに6回目とか。

7時頃に村本海事さんに到着。息子は皆から「お、来たな!」と歓迎されていて、エギまでもらっていました。私はこれまでそんな扱いを受けたことは一度もありませんが。

天気も良く、暑くもなく寒くもないせいか、グループでの和気藹々な人達が大勢います。またエギのできそうな人達も。夏の間の黒鯛師のいかめしい雰囲気はなく、お気楽な雰囲気。こういうのも悪くありません。クラブの副幹事長も娘さんを連れていらっしゃっていました。

今日は昼までと決めていて、出船が8時半なので実質3時間くらいの釣行時間。先日のイイダコ乗合船の様子を見ていて今日はイイダコをやろうと決めていたので、ほぼずっとテンヤだな、と思っていました。なのでヘチ竿を持っていくか相当悩みましたが、万が一黒鯛がヒラを打って群泳していたらマズイので、念のため持っていくことに。

定刻通り8時半出船。先週乗合船がいたところを狙うには青灯ですが、スタッフの方から「ドック先にもイイダコはいるぞ」「ドック先誰も降りないよ」と教えてもらったので、息子と二人でドック先に降りることにしました。

Pa182254

久しぶりのドック先。

船から見ていても判るほど潮はスミスミ。これは黒鯛はダメだろう、と見切って、ドック先に降りても台の上を「黒鯛いるかな」と覗き込むことなく、早々にオカマまで行ってテンヤ準備開始。息子のタックルを準備して、彼が投げるのを見ながら自分も準備。と、早々に1杯息子が上げていました。

Pa182259_2

ドック先と青灯オカマ間、もしくは住友ドックとの間に結構いるようです。見ているとイイダコの職漁船が来て壺を回収、再設置していき、さらに乗合船も今日はドック先とハナレの間くらいに来てやっていました。

釣り方は良く判らなかったのですが、乗合船の人を見ながら適当に。糸を張って、竿先だけでテンヤを小さく動かすようにしていると、そのうち重くなるので、そこでグッと合わせるようにしました。たまに根掛かりのような時も、糸が巻けるときは乗っていることもありました。ただ、合わせが弱いのか2人とも相当バラしました。

潮が止まる10時40分頃までチョコチョコ釣れて、また上げの潮が動き出した11時半頃からも釣れ出しましたが12時になり納竿。結局20杯くらい釣れました。一日やっていれば相当釣れそうですが、家族で食べるに十分な量が穫れました。息子も大喜び。

ただ、2人で4つ持っていったテンヤが全て根掛かりでロストしてしまいました。堤防から投げて引いてくるのでどうしても根掛かりは免れそうにありません。1日やるなら10個くらい持っていった方が安心できそうです。オモリに白ビニールテープ巻いても釣れるそうなので、今度は作っていこうかな、、、

Pa182260

船宿に戻ってから墨袋除去作業を開始。初めてだったので、最初は苦労しましたが慣れてからは手際よくやれるようになりました。

家に持ち帰り、茹でタコと煮付けにしました。

Pa182264

Pa182265

茹でタコは醤油で食べましたが、うーん、まあそれほどでもないな、という感じ。しかし、煮付けはタコの旨味が出ていて最高でした。今度から迷わず全部煮付けにしよう。

それと本日はGPSロガーなるものを装着して渡堤してみました。海外に出張する時に持っていると面白いかな、と思って購入したものですが、東京だと屋根のある場所が多すぎてまともに機能せず、川の上を歩いていたり大変なのですが、本日は天空に何もないためきちんと動いているようです。

野島公園からドック先までの経路が出ます。Google Earth上の経路画像。

Way20091018

同じようにドック先でうろうろしている様子。海の中に落ちているように見えるのはご愛敬。

Docksaki2_2

次回釣行は未定です。恐らく11月に入ってからになる予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

2009年10月11日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:小潮
満潮:11時09分
干潮:14時52分
時間:08時30分〜15時30分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

黒鯛のアタリ:1(らしい)

昨日はクラブの今年最後の例会でしたが、土曜は用事が沢山あるため出席できず。魚が釣れなくてもせめて皆勤賞だけでも取りたいのですが、あと数年は土曜日釣行は難しそう。よって本日釣行です。

盛期も私のツブには当たりませんでしたが、ここ最近はベテランのツブにも当たらなくなっているらしいので、本日はカニでやるか、と子安丸さんに出かけてヒライソガニを購入。先日の台風で店の中まで随分浸かってしまったらしく大変だったようです。その話を聞きながらカニを数えていたらよく判らなくなりました。村本海事さんには7時15分着。

三連休、かつ気候も良いせいか、友人同士での釣行の人達や親子連れの人達がいます。黒鯛師はベテランの方二名、クラブの先輩らなど、盛期に比べてかなり少なめです。受付で「子供連れてきてないの?」と言われてしまいました。今は黒鯛よりもファミリーフィッシングが良いみたい。次回は私も子供を連れてこよう。

風は微風で、定刻通り出船。昨日の大会でkariさんが青灯で二枚上げているのと、エギでイカも狙うつもりだったので迷わず青灯に降りました。最近青灯が多いですが、サンダルで歩いていると堤防を洗う潮をジャブジャブできて気持ちが良いのも青灯が好きな理由でもあります。

Pa112242

最初はエギでイカを狙います。オカマから横須賀側を11時まで狙いましたが、全く何のアタリも無し。前回よりもダメでした。途中オカマのすぐソバまでイイダコの乗合船がやってきましたが、船は人で一杯で、そこそこ釣れていました。オカマからチョイ投げで届く距離なので、今度やってみようかと思います。

11時からはヘチ竿に変えて黒鯛を狙います。と、思ったら、それまで緩いナライだったのが南風に。それでも潮はゆっくり動いていて、また緑がかった濁りもあって、まあまあな感じです。ただし、オカマはスケスケで魚の姿もありません。

ヘチ、沖目をオカマ〜クズレを往復しながら狙いますが、全く反応無し。と、思っていたらカニも潰されていないのにガン玉にかるーく咬んだ後が残っていました。全く気づかず。もう少ししっかりと飲み込んでくれないかな、、、結局そのまま納竿になりました。

青灯ではベテランの方がハナレ方面のヘチで一枚上げたそうです。

帰りの船で夜半釣りの人達を見ていると、ほとんどがカゴ釣り。ドックは北側にウキが沢山浮いていました。アジ、サバが釣れているようです。

ところで、横須賀港に「これは空母?」というような船が泊まっていました。

Pa112243

これはジョージワシントンかと思いましたが、サイズが小さい。しかも日本の国旗が翻っている。帰って写真に写っていた艦番号で調べてみると護衛艦「ひゅうが」
でした。

次回釣行は天気が良ければ次週の予定。無理に黒鯛を狙わずに「釣れるモノを釣る」方針でいってみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

2009年10月6日の駅弁とおみやげ

午後一からの仕事で名古屋へ。二ヶ月ぶりになります。今年は不景気で地方の仕事が減りました。

10時過ぎに新横浜から新幹線に乗車。今日の駅弁は崎陽軒のシウマイ弁当にしました。それほど心惹かれるモノが他になかったというのもあります。

パッケージはこんな感じ。

Nec_0073

中身はこんな感じ。

Nec_0074

新幹線に乗って深く眠ってしまい、気づいたら名古屋直前になっていて慌てて食べました。

仕事が終わっておみやげは伊勢とらやのなまういろう。家人があっという間に食べてしまったので写真はありません。

次回は約一ヶ月後に行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/01

2009年10月1日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:09時18分
満潮:15時53分
時間:10時30分〜14時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

黒鯛のアタリ:0

本日は東京湾黒鯛研究会の黒鯛稚魚放流のイベントがありました。東京湾の川崎以北の各渡船が野島に集まるため、渡船がお休みの木曜日に実施。私もお休みを頂き参加しました。

7時に野島に到着。クラブの会長やメンバ、各地の堤防の方々が集まっています。また活動に興味がある小学生も二名ほど来ていました。

水槽付きのトラックで運ばれてきた魚はこんな感じ。10cmくらい。

Pa012220

これを野島に横付けした各渡船にバケツリレーで運びます。

Pa012223

バケツの底で横になっているのは弱っているからではなく、隠れる場所がないと鯛はこんな状態になるとのこと。来ていた小学生から教えてもらいました。確かに触ってみると元気に逃げ回ります。

Pa012225

各地の渡船が積み込みを終わって地元に戻り、最後に野島分を積んで防波堤に出発。カモメを避けて青灯の内側に放流。潮が澄み澄みだったので、良く見えましたが皆すぐに深場に潜っていきました。

その後6名は防波堤に渡って14時まで釣り。クラブの会長他3名がドック先、私とクラブの先輩がドックに乗りました。ドックは今年2回目。

Pa012227

Pa012228

朝方は曇っていましたが雲一つ無い晴天。ナライが結構吹いていますが、潮は負けておらず、しっかり流れています。が、かなり澄んでいて、台の上に魚がいないのが良く判ります。そこで平場を流しますが反応無し。

何の反応もないので、エギも投げてみますが、こちらも反応無し。ドックよりも青灯が良いように思います。

ところが上げているにもかかわらず12時半頃から潮が下げ潮の時のように動き出します。これは? と思い八景島側も丹念に探りますが、結局アタリ一つありませんでした。14時に納竿。

ドック先も何のアタリもなかったとのこと。エギングのイカも1杯だけでした。

その後戻ってからクラブメンバがハゼ釣りを始めましたが、それを少しだけ見学して帰宅しました。

次回釣行は未定ですが、黒鯛は調子が悪い(シーズンオフ?)ようなので、アジ狙いで息子と一緒に来ることを考えようと思っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »