« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009/12/27

2009年12月27日 野島防波堤 釣果 アイナメ、メバル、カサゴ、イイダコ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:11時57分
干潮:19時43分
時間:08時30分〜15時30分
仕掛け:落とし込み、イイダコテンヤ
水温:未計測
釣果:アイナメ、メバル、カサゴ、イイダコ各1ずつ。

本年最後の釣行です。子安丸にボサエビを買いに行って、オヤジさんに挨拶。

村本海事さん着は7時15分。会社で良く釣りの話をする若い友人と、その友人二名も参加。すでに到着していました。それ以外は投げの人や家族連れの人など40名くらい。クラブメンバはY田師匠。

風は10m弱で、定刻通り出船。潮が高いせいもありますが、ドック、青灯の限定になりました。当該三人は野島初めてのため、青灯に渡ります。

ウネリが入っていて、風と相まって結構バシャバシャです。堤防の上を潮は流れていますし、飛沫を頭から被ります。皆オカマから動けなくて大渋滞。

Pc272355

三人中二人は足回りが悪く、靴の中に水が入ってちょっと大変そうでした。

午前中はそんな感じで飛沫を避けて内側を狙います。が、全く反応無し。10時半頃には試しに、とイイダコテンヤを投げてみました。外側のイイダコ船がいつもいるところは不発。看板先まで行って内側を狙うとそこで一杯。しかし後が続きません。ちょうどY田さんもエギを投げて大きなスミイカを獲っていました。

Pc272357

天気は悪くなく、風さえ納まれば暖かそうな感じ。

Pc272354_2

昼になってお昼ご飯を食べていると、堤防のそこここで、いろいろと釣れ始めます。下げの潮が動き出した感じ。

早速ヘチを慎重に、あわよくば黒鯛が掛かるようにと、テラスまで落としていきますが不発。が、たまにフグにエビが囓られるようにはなりました。

帰りは沖目に飛ばして寄せてきます。するとようやく魚が掛かります。

アイナメ。20センチ程度なのでリリース。

Pc272359

メバル。大きめですがリリース。

Pc272360

ミニカサゴ。もちろんリリース。

Pc272358

結局これだけで終わり。周りでは40センチ級のアイナメも釣れていましたが私には掛かりませんでした。

イイダコも友人に献上して本日は持ち帰りなしでした。

野島全体でカレイもアイナメもそれほど良くはないようでした。すでに産卵を終えて食いが落ちている様子。そんな中ドックで黒鯛が1枚釣れていました。

ということで今年はこれでおしまい。数えてみますと計30回野島に釣行しています。もう少し行きたいところ。黒鯛は昨年と同様3枚。クラブのトップ3は30枚を越えていますので全く駄目でした。来年はkariさんから「こうしてみよう!」とアドバイスをもらっていますので、それで縛って倍増を狙いたいと思います。
黒鯛以外では、今年は子供と6回野島に釣行しており、夏のキス、秋のイイダコまで楽しめました。来年は春のメバルも子供と一緒に釣ってみたいと思っています。

それではどうぞ良いお年を。来年もよろしくお願いします。

次回は1月早々に釣行予定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

2009年12月15日の駅弁とおみやげ

北京から帰国です。

北京空港は相変わらず巨大。

Pc152343

オリンピック時と違って警戒も弛んでいて、ノンビリした雰囲気でした。

飛行機の中ではさわらの西京焼きを食べました。もう一種類がパエリアでイカが入っていたので食べられず仕方無しの選択。しかしこれはイマイチでした。

Pc152345

ところで今回のフライトではGPSロガーがうまく機能していたようです。

Btoj

北京から羽田までしっかり記録されていました。

北京では相変わらず四川料理が流行っていて、相変わらず辛かったです。いつものラーズーチ。唐辛子の中に小さな骨付きの鶏肉が入っています。ほぼ唐辛子。隠れて山椒も入っていてそれをかみ砕くと唇が腫れます。

Pc132336

一緒に行ったメンバに中国初めてのメンバがいたので、お約束の北京ダック。皮だけでなく全て食べるのが北京流のようです。

Pc142339_2

これで今年の出張は打ち止めです。来年はインドや無錫などを予定しています。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/13

2009年12月13日の駅弁とおみやげ

本日は中国北京へ。

成田ではなく羽田発の飛行機にしてみました。確かに30分ほどで着くので近い、と思いきやビッグバードからはバスで国際線ターミナルへ。国際線ターミナルは昔からある小さく古いビルで、地方空港の雰囲気。全日空も日本航空も中国、韓国にバンバン飛行機を飛ばしているためかなり混み合っていました。

飛行機は3時間超で北京着。その間にお昼ご飯を食べました。聞いてみると前回インドに行ったときと同じ二種類のメニュー。前回はイナダにしましたが、今回は豚にしました。

Pc132331

いつも感心するのがうどんにかける汁は全部入れても溢れず丁度良い量な事。日本らしいと思います。

飛行場からホテルまでのGPSログはこれ。

Aptohotel

右上にあるのが巨大な北京国際空港。羽田を見た後だったのでその感が一層強まります。

明後日帰国します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/06

2009年12月6日 野島防波堤 釣果 アイナメ、メバル他

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:08時19分
干潮:13時27分
時間:08時30分〜15時30分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:アイナメ×3、メバル他

本日は息子を連れずに一人で釣行。朝起きて子安丸さんへボサエビを買いに。来年の潮時表を頂きました。

湾岸線を利用して野島へ。富士山がくっきり見えました。天気が良くて風もなさそうです。

到着するとかなり混雑しています。投げ釣りでカレイを狙う人が多いようです。昨日は天気が悪かったので人数が少なかったそうですが、その反動か今日は50人以上集まります。あっという間に駐車場は一杯に。クラブのメンバは副幹事長とAさん。

定刻通りに出船。異常潮位で、満潮170センチくらいのところが30センチ以上上げています。ドック先は降りられず。中廊下とドック先は完全に水没していました。そのせいか、青灯で山ほど人がおります。私は副幹事長らと一緒に新堤に。

ここでも富士山が綺麗に見えます。

Pc062318

どうやら台の上に黒鯛が見えたようですが口を使わず。私は看板前くらいから落とし込みます。

潮は澄んでいて、流れもそこそこあります。潮が高いので、悪くないのではないかと思ったのですが、朝一は全く反応無し。たまーにフグに囓られる程度。風もなく、ポカポカ陽気です。一気にノンビリムードが漂います。

11時過ぎくらいから潮がゆっくりになり、何とも良い感じに。風も北風で多少バシャバシャしています。

するとヘチでアイナメをゲット。本日唯一引いた魚でした。35センチくらいでしょうか。

Pc062322_2

その後昼を挟んで潮が止まるまでチョコチョコ釣れます。

何故かメバル。

Pc062323

デキナメ。このくらいのが他に1本釣れました。

Pc062327

その後はフグやらベラやらウミタナゴやらに遊ばれます。まだ水温が高いのでしょうか、外道のアタリは沢山ありました。

潮が止まるとアタリが遠のきます。そのまま納竿。最後の方は潮色も濃い緑に濁ってきて大変雰囲気は良かったのですが、、、何はともあれ最後まで天気が良く、暖かな一日でした。

Pc062329

野島全体ではアイナメがまあまあ出ていたみたいです。が、一昨年なんかに比べると少ない気がします。まだまだ暖かいせいでしょうか。

黒鯛はゼロ(多分)。

ヘチ竿しか持っていかなかったのでやりませんでしたが、まだタコが出ていたようです。クラブのAさんはイイダコに加え、マダコも獲っていました。

次週は無理ですが再来週に行けたら行く予定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

2009年12月3日の駅弁とおみやげ

名古屋に出張。夕方からの打ち合わせだったので昼頃出発。お昼ご飯を駅弁に。

東京駅の駅弁屋で物色して、目新しいモノをチョイス。

NREの古代豚弁当

外側はこんな感じ。

Nec_0086

中身はこんな感じ。冷えているのでWebページの写真とは明らかに違う。

Nec_0088

おいしかったです。量が多くないのが良し。ただ、豚の善し悪しは感じられず。

仕事を終えてほぼ最終で名古屋を出発。時間が遅かったので高島屋で生ういろは買えず。仕方ないので駅構内のおみやげ屋さんで別のういろうを購入。これまであまり見たことの無かった雀おどり総本店の一口ういろを買いました。

外はこんな感じ。

Nec_0089

中身はこんな感じ。

Nec_0090

桜が実に美味しそうです。食べてみると生に近くて、甘さもとても控えめ。いけました。

年内の移動は国内はもう一度名古屋があるかも。海外は北京に行く予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »