« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010/08/31

2010年8月31日の駅弁とおみやげ

当日はそうでもなかったのですが、日曜日のボーズが昨日今日と思い出されて無性に悔しくなり、休みを取って釣りに行こうか、と思ったりもしますが、容赦なく仕事が降ってきます。

今日は先週に続き名古屋に出張。お昼休みの会議をギリギリまでやって飛び出します。東京駅で東日本の駅弁を集めた店があったので、そこで駅弁を買って新幹線に乗ります。

何となく肉肉しいモノを選びます。松川弁当店の「牛肉焼売弁当」を買いました。どうやら米沢駅の弁当屋さんのようです。

外はこんな感じ。手に取るのを躊躇してしまうデザイン。が、時間がなかったので勢いで。

Imgp0377

中はこんな感じ。

Imgp0381

肉や焼売はいけましたが、ご飯が軟らかすぎ。惜しい。

名古屋は東京以上の暑さ。地下鉄から降りてお客様ビルまで歩く間に汗が噴き出します。時間があったので、近くの公園で一服。何でこんなところで一服しちゃったんだろう、というくらい暑かったです。

Imgp0382

名古屋のテレビ塔。

仕事を終えていつもの名古屋駅の高島屋へ。本日は重くなるのが嫌だったので水羊羹は買わず、おみやげはういろうにしました。本日までの限定の宇治金時と白。

Imgp0386

宇治金時は可もなく不可もなく。暑いからかもしれませんがちょっと甘すぎました。

仕事が盛り上がっているので、次の一週間で二回くらい名古屋に行くかもしれません。少しでも涼しくなると良いのですが、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/29

2010年8月29日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:07時06分
干潮:13時05分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

本日は何も考えずに子安丸経由で野島に。すると、クラブメンバが多数。五洋黒研さんもいらっしゃいます。すっかり忘れていたのですが、交流大会でした。急遽参加いたしました。忘れていてすみません>副会長他幹部の皆様。

予報では午前中は南の微風だったので、潮が何とか効くのではないかと思い、ハナレに渡ります。

到着してみると潮はスケスケですが、予想通り堤防に下げの潮がぶつかって、バシャついています。風もほとんどありません。しかし、横須賀側は水族館のように透けていて、鰯、小さなイカ、ワカシ(?)、ボラ、エイが泳いでいるのが本当に良く見えます。

準備をしていると早速クラブのタクさんが掛けます。

俄然やる気を出して、誰も行っていないクズレ方面に落とし込んでいきます。たまに黒鯛が泳いでいるのがうっすらと見えます。できるだけヘチから離れて落とし込んでいきますが、当たりません。

そのままオカマへ。見ると黒鯛がココでも泳ぎ回っています。クラブのトシさん曰く、「喰わない」とのこと。しかし、青灯にも魚がいるのが判ってかなり元気が出ました。

Imgp0363

何度か往復しますが、結局私にはフグのアタリのみ。エサはツブが採取できなかったのでカニとフジツボで通しますが、どちらも良くフグが掛かりました。午前が終わってソコリに。

結局、青灯の午前はオカマ〜看板までで3枚。四畳半で3枚の6枚出ます。

午後になってだんだん南風が強くなります。堤防に波が当たり始め、澄んでいた水も少しずつ濁ります。

Imgp0371

が、潮が低くて、まだまだなので、お昼ご飯を食べ、少しルアーを投げてみます。マゴチかイイダコが釣れるような白いワームを投げてみますが、どちらも掛かりません。マゴチはやはり難しい&イイダコはまだでしょうか。

そのうち、潮が高くなってきたので、再度黒鯛狙いに。

Imgp0374

特に別荘〜看板までがバシャバシャになり、かつ潮が流れていて、いかにも釣れそうな感じです。丁寧に狙っていきます。が、フグしか掛かりません。

結局そのまま納竿。

が、午後の青灯は横須賀側でも釣れていて、クズレ付近で3枚出ていました。

Imgp0376

結局野島全体ではなんと19枚。大会は15枚の好釣果。ドック、ドック先は今ひとつで、青灯、新堤で沢山魚が出ました。ようやく魚が各堤防に散らばってくれた感じです。これでナライが吹いて濁りが入れば本当に楽しみ。

それとツブは全く喰わなくなり、今日はカニがほとんど。一部フジツボでした。同じようにカニとフジツボを落としていたのですが、、、、どうもやることなすことダメな方に動いていたようです。修行します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/25

2010年8月25日の駅弁とおみやげ

本日は相変わらず名古屋へ。昼食を終えてからオフィスを飛び出して東京駅に行き、新幹線に乗ります。なので、駅弁は食べず。

仕事は東山線の新栄駅近く。東京と同じく、名古屋も猛暑でした。ただ、そこら中に高いビルがあるわけではないので、少し名古屋駅から離れると風が通っています。

仕事が終わってから歩いて前にも行ったことのあるなまずやへ。夕方になり、多少涼しくなっています。

前回も思いましたが、ここの櫃まぶしは本当においしい。今回は肝わさと肝焼きも食べてみましたが、これも絶品でした。ビールが進みます。毎回食べる前に写真を撮っておこうと思うのですが、今回も配膳されるやばくばく食べてしまい写真はなし。今度こそ。。。

次回は店の名前にもなっている「なまず」を食べてみたいと思います。

おみやげは美濃忠の水羊羹

Imgp0362

有名なゆかり。

Imgp0361

次回はまた来週に名古屋行きがありそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/22

2010年8月22日 野島防波堤 釣果 カサゴ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:09時45分
満潮:16時43分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:いろいろ
水温:未計測
釣果:カサゴ×3

今回は夏休みの宿題が終わった息子を連れて釣行。沢山釣れると良いなとカサゴ狙いです。

村本海事さんには6時過ぎに到着。昨日は昼間だけで11枚黒鯛が出ていたようで、夜も合わせると結構な数になっていたようですが、今日は人も少なめ。クラブのメンバもZさんと水戸のOさんだけ。

定刻通り出船。黒鯛狙いの人たちはドック、青灯、新堤にばらけます。私と息子はハナレに渡ります。

Imgp0345

船着き場の前は潮がかなり濁っていたので、堤防も期待していたのですが、濁りはそれほどありません。それどころか時間が経つにつれ、どんどん澄んできます。

最初は私もツブを落としたりしていたのですが、潮は動いていないし、どんどん澄んでくるので、これはダメだ、ということで息子と一緒にカサゴ狙いに徹します。

息子はカサゴをゲット。

Imgp0347

しかし、全く後が続きません。先週はワームを落とせば、ちょこちょこアタリがあったのですが、今日はどこに投げても全く反応無し。

仕方がないのでルアーを投げたりしてみますが、弱い南風でまったりとした雰囲気の中、釣れる気が全くしません。

結局同様のカサゴを私が二尾追加しただけで納竿。昼の船で上がりました。潮も動いていない、風もない、海の底もくっきり見えるほど澄んでいる、で釣れる気がしませんでした。かなり今ひとつな釣行となってしまいました。青灯に渡っていたZさんも同様の感想を持たれて早上がり。

Imgp0350

黒鯛は、ドック、新堤で1枚ずつ出ていました。16時まで残られた水戸のOさんはどうだったでしょうか?

なお、イイダコテンヤも持ってきており、試してみたのですが全く反応無し。まだ早いみたいです。また、堤防近くまで沢山の子イカが寄っていました。まだ餌木を抱けるほど大きくはないですが、先週見たのよりは確実に大きくなってきていました。

元々昼で上がって三浦半島にスイカを買いに行こう、という計画だったのですが、村本海事の副社長から魚屋も教えてもらい、そこに行ってみることに。

Imgp0357

マダコが水槽で活きたままネットに入れられて売られていました。他にも地元で捕れた魚が沢山あり、なかなか良い感じ。が、魚を買わずに三浦スイカを買って帰りました。これは結構大きいにもかかわらず安くて甘くて美味しかったです。アタリでした。

Imgp0358

ついでに二階で食事も。これも大盛りで大満足。

Imgp0354_2

次回釣行は次回日曜日を予定。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/08/15

2010年8月15日 野島防波堤 釣果 黒鯛、カサゴ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:08時24分
干潮:14時05分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:黒鯛×1、カサゴ×5(くらい)

本日はクラブの例会です。前回までのカニが船着き場に下げてある籠に沢山あるはず、と今日は子安丸で大量に仕入れるのを止めて、太平つりえさセンタ経由で村本海事さんへ。

6時頃到着。夏休み期間中なのかあまり人がいません。駐車場も余裕で停められました。クラブメンバもいつもの例会に比べて少ない気がします。

籠を確認しに行くと、何と蓋がすっ飛んでしまっていて、中のカニがすべて脱走しています。前回バードさんにもらったタンクも逃げてしまっていました。せっかくもらったのにすみません>バードさん。

船宿前はかなりの南西風。潮もスケスケです。北系の風が吹くのはいつでしょうか。

定刻通り出船。予想通り大勢がドックで降ります。kariさんの息子さんが渡堤一番丸カンに投げに行った時は朝一モーニングが釣れるのではと、船の中でドキドキしながら観てしまいました。

私は予定通り青灯に渡堤。幹事のN田さんと二人だけ。ハナレに1人降りたようなので広い青灯が3人だけです。

準備をしているとN田さんの帽子が風で飛ばされ海に落ちてしまいます。タモですくって事なきを得ますが、その直後今度は自分の帽子を飛ばされて同じ目に。これもタモですくいます。この時点で「今日一日タモですくうのが帽子だけだったら嫌だなー」と実に寂しい予感がします。

カンカン照りの中帽子ナシでスタート。頭が日焼けしてしまいます。。。

Imgp0325

船の中でクラブの先輩から朝一はオカマ周りを狙っては、とアドバイスしてもらっていたので、まずはオカマ周りのトウフの陰を狙います。が、上げ潮も回ってきておらず全く潮が動かず。早々に切り上げてハナレ方面まで歩きます。

相変わらず南風で横須賀側がバシャついています。とりあえず一番先まで来ます。

Imgp0328

その後、横須賀側にカニを落としていきます。8時20分頃上げの潮で多少新堤側に潮が流れているところがあり、そこを重点的に狙います。南風が強くなってきて、バッシャバシャの飛沫を頭からかぶりながら、落としていると、「あれ?」と思うような小さな当たりらしきものがあり、上げてみると素針を引いてガン玉に歯形が! 魚はいるようです。

俄然やる気を出して落としていくと8時30分頃ハリスを入れたくらいの深さでピンと跳ねるようなアタリがあり、ちょこっと合わせると魚が乗ります。シューッと横走りするので、初めはフグかなぁと思いますが、鋭い引き込みで黒鯛だと確信します。が、どんどんトウフがある方へ走り止められません。こんなに強いのは、こりゃエイでも引っかけたかと思いましたが、何とか両手で竿を支えながら浮かせてみると黒鯛でした。何とかバレずにタモ入れします。

Imgp0327

48.5センチの良型でした。帽子以外にタモ入れできて良かったです。

その後周辺を探りますがフグのみ。一度青灯オカマまで戻って腹ごしらえをします。

その後9時半頃から今度はツブを外側に落としていきます。が、下げ潮が全然効いていません。オカマ周辺ですら動いておらずツブがまっすぐ落ちていきます。本当は下げ始めてからはオカマ側でやりたかったのですが、潮が動いているところを求め、結局再度ハナレ方面まで歩きます。が、どこも動いていません。かつ、先週のように赤目フグのアタリすらありません。

エサをカニとローテションさせながら二度ほど往復しますが、結局木っ端フグが釣れただけ。

一度カニでカサゴを釣りました。。。

Imgp0330

結局そのままソコリ。下げの潮は外側、内側どちらでもほとんど効いていませんでした。後半は全く良いところがありませんでした。

その後お昼ご飯を食べて、ハナレ方面でカサゴをワームで狙ってみます。ハナレ方面で上げ潮が少しずつ効いてきてちょこちょこ4匹ほど釣り、そのままオカマ方面へ。が、オカマ方面は全然ダメ。うーん。。。そのまま納竿です。

Imgp0332

結局青灯に降りたものの何度もハナレまで足を運び、帰ってから万歩計を確認してみたらいつもの倍くらい歩いていました。ギョサンで青灯を歩くと、足裏が痛くなります。。。

遊漁船が何度か堤防の近くまで来ていました。見ていても誰も釣らないので、何を狙っているのか判らなかったのですが、竿の動かし方が何となくイイダコのようにも見えました。釣れているようには見えなかったのでまだ早いのでしょうか。

Imgp0329

結局、堤防全体では6枚。ドック3枚、ドック先1枚、青灯1枚、新堤1枚。ドック以外でワンチャンスをものにする会長と幹事長、さすがです。魚が良い型だったので、私はクラブの週間大会で3位に入ることができました。

青灯はツブが殆ど落ちていて、テラスに少し付いている程度。内外構わず潮が動いているところを探して、カニやエビなんかを落としていくのが良いのかもしれません。

次回は来週の日曜日を計画中。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/07

2010年8月7日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:08時40分
満潮:16時15分
時間:12時00分〜20時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

本日は昼から半夜までの釣行です。

11時頃に村本海事さんに着くと駐車場がガラガラ。お盆休み初日なのでお客さんが少ないようです。

12時に定刻通り出船します。最近はドックでしか釣れていないので、ほとんどの黒鯛師がドックで降ります。12時の時点で7名になっていました。

私は釣れても釣れなくても良いので青灯へ。青灯は朝から来ている黒鯛師が2人+1人、昼から降りたのは私を含めて3人だけ。空いています。

Imgp0313

潮の色は適度に濁っていて良い感じ。しかし相変わらずの南風で外側は静か。横須賀側がバシャついています。

最初は潮が上げているので横須賀側を中心に落としながらハナレ方面に歩きます。全く何のアタリもなく、テラスまでやってきます。

Imgp0315

ここで横須賀側にカニを落としてみると、明らかにフグではないガリガリとカニを飲み込むようなアタリがあります。合わせてみるとすっぽ抜け。カニはぐしゃっと潰されていますが、ガン玉に歯形はありません。

カニを小さくして、針を小さくして、、、とやってみますが、それでも魚は乗らず。よほど小さいか、はたまたカサゴか何かでしょうか?

そのうちフグが当たるようになり、その黒鯛らしきアタリは無くなってしまいます。残念。

16時になってドックからクラブのシオケンさんがやってきます。

潮が下げ始めて、シオケンさんはテラスの方へ。そこで横須賀側からの飛沫を浴びながら頑張っています。後で聞くと、黒鯛が泳いでいるのが見えたので粘ってみたそうです。新堤でも魚の姿を見ているので、いないわけではないようです。

その後、大型フグが連発します。

Imgp0321

かなり紛らわしいひき方をするので、期待を持たせますが、やはりフグ。

そのまま日没。

Imgp0324

横須賀の花火を見ながらのんびりミャク釣りに切り替えます。特に何も釣れませんでした。

結局青灯では1枚も黒鯛は出ませんでした。ドックは10枚近く。ツブが青灯には殆ど残っていないので、そのせいでしょうか。次回釣行は次週日曜日。どの堤防に渡るか本当に迷います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/04

2010年8月4日 沖縄 釣果 ナシ

8月3日から夏休みをとって沖縄へ。どこか良い場所があれば竿を出したいな、と短めの竿とタイコリールを持って行きました。

泊まった場所の目の前に牧港漁港なる小場所があったので、一泊後の朝4時に起きて出かけてみました。場所はここ。


大きな地図で見る

が、漁港が閉まっている。。。門には「朝6時から」と書いてあります。遅い!と思いましたが、よく考えてみると西にあるので日の出も遅いのでした。だからなのか、ゆっくりしているからなのか、よく判りません。

気を取り直して6時に行ってみると開いています。車でずんずん中まで進み、目的の堤防の近くまで行って駐車。そこから荷物を持って歩いて行きます。途中作業をしている人がいたので、念のため「つりして良いですか?」と聞いてみると、「うん」という返事。別に気にしていない、という感じでした。

もっとも先にある堤防まで行ってみると外側はテトラ、先端と内側には何もありません。水深もそこそこありそう。

Imgp0119

3m弱の継ぎ竿にタイコリールを付けて、準備完了。残念ながら活きエサを買う時間の余裕と道具立てがなかったので、エサは小さなワームを付けてみます。

なんか掛かるだろう、と落としてみると、クイクイ、っと引っ張るようなアタリ。これは?とゆっくり引き上げてみると、何と30センチはあろうかというカニ。が、上げるに至らずポチャンと落ちてしまいます。

その後1時間ばかりテトラ、ヘチとやってみますが、全く何のアタリもありません。

もう一つの堤防に行くことも考えましたが、、、

Imgp0121

いろんな予定が詰まっていたので、諦めて撤収しました。

結局釣りはこの時だけ。ほかの日は忙しくて行く暇がありませんでした。

シュノーケルをやると、30〜40センチはあろうかという七色のブダイがアチコチにいるのですが、そう簡単には釣れないようです。。。

Imgp0161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

2010年8月2日の駅弁とおみやげ

9時からお客様訪問のため、朝6時台の新幹線で名古屋へ。名古屋なら何とかなるものです。

打ち合わせを終えて、今度は13時からの東京での仕事のためにとんぼ帰り。そこで駅弁を購入。まだ戦国武将シリーズがやっていたので、秀吉膳にしようと思ったのですが、インドから戻ってからお腹の調子が悪く、穏やかなものしか食べていなかったため、ふと目にとまった味噌カツが無性に食べたくなり、結局名古屋だるまの「びっくりみそかつ」を買ってしまいました。これは2回目。

外側はこんな感じ。

Nec_0131

中身はこんな感じ。

Nec_0132

新幹線が出発するなりがつがつ食べて、その後爆睡。幸いお腹を壊すことはありませんでした。

急いでいたのでおみやげは購入できず。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »