« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010/09/28

2010年9月28日 野島防波堤 釣果 黒鯛

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:07時38分
干潮:13時05分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:黒鯛×1

本日はお休みを頂いて釣行しました。

夜更けから激しい雨が降り続き、朝になっても止んでいません。ただ風はそれほど強くないので船は出るだろうと判断し出かけます。

先の日曜日に船着き場に下げてあった虫かごを確認してみると蓋が無くなっていて、中のカニは全て逃走していました。多分誰かがカニを捕っていって、蓋を付け損ねたのではないかと思います。カニはいいのですが、カゴがないとせっかく買ったり採取したエサの保存に困ります。今日は半日の予定だったので、カニを30匹使い切るつもりで買って村本海事さんへ。

6時15分頃到着すると先客は一人だけ。その後雨にもかかわらず増えて13人になりました。私以外の黒鯛狙いの人はクラブのI崎さん他ベテランばかり。

定刻通り出船。ドックに1名、青灯はルアーの人4人を入れて9名、新堤3名。私は青灯で降ります。

潮位は高く、風も弱くないナライでまあまあバシャ付いています。ただ、潮色は雨のせいで水潮。日曜日よりは笹濁り気味ですが、どちらかというとまだ澄んでいました。それでも曇天で雨も降っているので期待が持てます。

Imgp0464

最初はフジツボで釣行開始。ハナレまでエサをミドリやカニに変えながら落とし込んでいきます。

潮は効いていて、良い感じです。テラスでバシャバシャしている中にミドリを落とすと、ぐしゃりと潰されて帰って来ました。全くアタリには気づきませんでした。ガッカリ。

二往復してオカマに戻ります。潮が良い感じで流れていて、カニを台の上に流すとこれまたぐっしゃりと潰されて戻ってきます。フグの囓られ跡ではなく黒鯛に潰されています。再度カニを投入し、ラインを張り気味に待つと、ぐっと引き込むアタリ。針がかりも問題なく、やりとりします。が、あまり重くない。巻いて巻いて上げてみると海津サイズでした。

Imgp0473

それでも9月は1枚も上げていなかったので、とても嬉しい1枚。

しかし、その後オカマ周り以外は潮が効かなくなってしまいます。さらに風も止まってしまいます。ハナレとオカマを何回か往復しますが、テラスでカニでカサゴが掛かったのみ。。。まだいたのか、カサゴ。

Imgp0468

その後は何も異常なく納竿。最後まで曇天が続いて、実に良い感じでした。

Imgp0470

Imgp0472

結局午前中の青灯は1枚だけ。ドックは名人が3枚、新堤もベテラン勢が5枚と他の堤防の方が調子が良かったようです。

その他シーバスをやっていたルアーの人には全くアタリ無し。イカは下げの午前中でも10杯くらい出ていたようです。

次回は次週日曜のクラブ例会を考えたいのですが、ちょっと難しいかも。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/26

2010年9月26日 野島防波堤 釣果 アオリイカ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:06時20分
干潮:12時15分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:エギング
水温:未計測
釣果:アオリイカ×1

本日も息子と釣行です。ただし午前中のみの釣行。

6時過ぎに村本海事さん着。すぐに車が一杯になります。ナライが吹いて下げ潮なので黒鯛師が大勢集まっています。クラブメンバも会長以下大勢。そんな中子供と一緒にイカなので、ちょっと申し訳なくなります。クラブのN嶋さんもお子さん連れ。

定刻通り出船。ドックは2人のみ。殆どの人が青灯で降ります。大賑わい。

Imgp0457

潮位も高く、ナライも吹いて良い感じではあるのですが、何とスケスケ。底までくっきり見えてしまっており、ちょっと黒鯛は釣れそうにない感じです。

小一時間ほど黒鯛を狙ってみますが、全く何の反応もナシ。息子が頑張っていたので、私もルアー竿に持ち替えてエギを投げます。

朝方は肌寒かったのですが、すっかり晴れて汗ばむ陽気に。風が涼しく、気持ちよい天気です。

Imgp0459

しかし、投げども投げども、全くアタリがありません。やはりイカは上げ潮時が良いみたいです。周りも朝一に数杯釣れていただけで、その後は釣れていないようです。クラブのメンバも黒鯛を諦めてエギに乗り換えていますが、なかなか釣れていない様子。

それでも納竿15分前に私がアオリイカを一杯。

Imgp0460

一杯だけ持って帰っても仕方ないのでこれはクラブのMさんに献上しました。

結局息子には一回もアタリ無し。ガッカリしていました。次回はイカ向けの潮回りの時に行きたいと思います。

Imgp0462

イイダコテンヤも投げてみましたがこちらも全く反応無し。金沢八景の船宿でも釣りものになっていないようなので、まだ早いのかもしれません。黒鯛も午前中は全堤防でゼロ。あれだけ透けていると一日やっても釣れなさそうです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/19

2010年9月19日 野島防波堤 釣果 イカ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:08時37分
満潮:15時42分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:エギング
水温:未計測
釣果:アオリイカ×2、スミイカ×4

本日は息子と釣行です。小学三年生になり、随分投げるのがうまくなってきました。前回は何も釣れませんでしたがルアーを飛ばすのは覚えたようで、今回はエギを持ってイカを狙うことにしました。

6時過ぎに村本海事さんに着くと、三連休の中日ということもあって、人が結構います。クラブは会長、副会長を筆頭にkariさん、I藤さん、A部さん、H口さん。その他イカ狙いの人、ルアーの人、などなど。

定刻通り出船。イカを狙うのであれば青灯が良さそうですが、人が多かったのでハナレに。しかし、これはちょっと失敗でした。

ソコリまでは黒鯛狙い。潮色は濁っていますが、あまり動いていません。風は東の微風で悪くありませんが、反応はありませんでした。

Imgp0430

すぐにルアーロッドに持ち替えて先行していた息子の仲間入り。一緒にエギング開始。

しかし、全くアタリがありません。少しずつオカマ方面に移動していくと、途中で黒鯛師の方がオカマで釣れていた旨教えてくれます。そこで一気にオカマに移動。

クラブのH口さんのお連れの方が実にうまく、見ていると何杯も上げていきます。シャクリ方が丁寧。横須賀側の方が良いようでした。負けじと適当にシャクっていると、こちらにもスミイカが乗ります。ようやく1杯目。

Imgp0431

息子にはアタリ無く昼になります。

お昼ご飯を食べて、一休み。今日はそれほど暑さはなく、汗もほどほど。日焼けくらいでしょうか。

Imgp0434

ここでオカマに荷物を持って一気に移動すれば良かったのですが、看板前からイカの入ったバケツと竿を持って小移動。結局飲み物を取りに行ったり、エギの補給をしたりと何度もオカマと看板前を往復してしまいました。時間がもったいなかったです。ギョサンだとごつごつした岩が足裏にかなり伝わるため、足もゴワゴワになってしまいました。

午後は南風が吹き始め、エギは外側に向かって風に乗せて投げます。結構いるのか、そこでアオリを2杯追加。その後息子もスミイカを釣ります。いやー釣れて良かったです。本人も大満足だった様子。

またも一旦看板に戻って小休止。その後またまたオカマに戻ります。

最後に2杯スミイカを釣って納竿。

Imgp0440

今日はピンク系のエギが良かったようです。ライントラブルでピンク系エギを4つもロストして最後はオレンジで釣りましたが。

黒鯛はkariさん、I藤さん、副会長もそれぞれ釣られていました。それ以外にもベテランの方ばかりだったので数枚でているのではないかと思います。南風が強くなって横須賀側でも釣れていました。

Imgp0443

なお、イカは持って帰って一口だけたべましたが、私はやはり体に合わないようです。釣るのは面白いのですが、、、皆さんはどうやって食べていますか? 

次回は来週行ければと思っています。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/12

2010年9月12日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:07時25分
干潮:13時07分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

本日はクラブの例会です。子安丸経由で村本海事さんに6時過ぎに到着。

副会長が案内している遠方からの方や、昨年購入して愛用中のヘチ竿の設計者のU津さんらもいて、賑わっています。

定刻通り出船。いつもなら迷わず青灯かハナレなのですが、今日は人も多いので、迷います。そこに会長と幹事長の一言が。「新堤に降りて、馬に渡ろうか」。これに反応してしまい、そのまま新堤に。

着いてみると濁りもそこそこあって、良い感じです。しかし、潮位が異常に高い。どうやら昨日から東京湾は潮位が高いようです。家の前の今井川もかなり水位が上がっていたことを思い出します。

風はほとんどありませんが、下げの潮がゆっくり効いています。

早速台の上に向かいます。濁っているので魚の姿は確認できませんが、いてもおかしくない状況。カニを付けて何度か投げてみると、底で小さい反応。合わせてみると何とカサゴでした。。。

Imgp0416

その間に幹事長が平場で一枚掛けていたようです。

少しずつ日が高くなり、それに連れて気温も上がってきます。風が全くないので本当に暑かったです。

Imgp0417

何度かフグにカニがやられますが、それ以外は全くアタリ無し。フジツボやミドリにも変えてみますが、反応無し。が、皆が連れていない中、幹事長は2枚目を上げています。

そうこうしているうちに予想していなかったことが起きます。10時頃からナライが吹き始めます。しかも、結構強め。おかげで涼しくなり、かつここ最近見たことがありませんでしたが、外側がバシャ付き始めます。

Imgp0419

しかし、そのせいなのか、潮が殆ど効かなくなってしまいます。

潮位が高いのでソコリ近くになっても馬には渡れそうにありません。

Imgp0425

当初は強い南風が午後から吹くとの予報だったので、午後からはハナレに行くつもりだったのですが、ナライが収まりそうにないので、そのまま新堤に居残ります。

バシャ付きはなかなか良かったのですが、アタリ無く結局そのまま納竿。

Imgp0426

結局二枚(+小さな黒鯛1枚)を釣った幹事長が例会は優勝。2、3位はkariさんと副会長ですが、ナライに騙されず、潮が動いている青灯の内側で釣ったとか。他の堤防では黒鯛は出ませんでした。

ナライが吹いて潮が止まるとは思いませんでした。まだまだ奥が深いです。

次回は次週日曜日。息子と一緒にイカ&タコを狙いに行く予定です。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/09/10

2010年9月10日の駅弁とおみやげ

昨日夕方から名古屋入り。昨晩は仕事を終えて名古屋に泊まります。

本日帰京。

帰りは昼に掛かるので、駅弁を購入。本日はまだ売っていた「家康膳」。

外はこんな感じ。

Imgp0407

中はこんな感じ。

Imgp0408

味は結構いけました。少し量が少なめですが、ずっと座っている新幹線で食べるには適度な量でした。なんだか判らない黒くて小さい四角形をしたものがあったので、何だろうと思って説明を読んでみると「焼き味噌」でした。

おみやげは中津川すやの栗きんとん。中津川は岐阜県の町で名古屋ではないですが、東海地方では秋の栗きんとんは有名な和菓子のようです。

外はこんな感じ。

Imgp0409

中はこんな感じ。

Imgp0414

いつも正月に食べる栗きんとんとは随分違います。実にさっぱりとして美味しいお菓子でした。これが6個入って1300円くらい。ちょっと高いかな。

この夏の一連の名古屋出張はこれで落ち着きそうです。次回は10月に海外の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

2010年9月6日の駅弁とおみやげ

本日は早朝から名古屋出張。連日の5時起きですが、新幹線に乗ってからの冷房の効いた車内での居眠りが楽しみで苦になりません。もちろん乗るなり熟睡。

9時からの仕事を終え、東京にとんぼ返り。

おみやげは伊勢とらやのなまういろ。今回は白ときなこ。

Imgp0400

きなこは9月14日までの限定販売。同じく限定の塩ういろがありましたが、こちらは9月末までなので、まだ大丈夫と今回はパス。きなこはまあまあ。あずきを入れずにきなこだけにした方が食感が良いように思いました。

帰りの新幹線では駅弁を。だるまのみそかつ以外に見つけた「松浦のみそカツ」。

外側はこんな感じ。

Nec_0135

なんだか矢場とんのキャラクタに似ているような、、、

中はこんな感じ。

Nec_0136

みそカツ以外にもいろいろ入っていて、バランスが良いかも。ご飯の炊き加減も私好みでした。

カツのアップ。

Nec_0137

煮卵なのか味噌おでんの卵なのか判りませんが、半分の卵もなかなかいけます。

早々に食べ終わり、お腹が一杯になったところで東京まで一度も目を覚まさず熟睡。

次回は木曜日に再度名古屋入りする予定。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

2010年9月5日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
干潮:08時24分
満潮:15時47分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み、ルアー
水温:未計測
釣果:ナシ

本日は予定が二転三転した結果、留守番の息子と一緒にファミリーフィッシング。息子は小学校三年生ですが、防波堤に渡ったり、船に乗ったりするのもかなり安定してきました。さらに最近はルアーに興味を持っているので、本日も前回に引き続きルアーとワームのみの釣行です。ただし、午前中だけ。

昨日釣具屋に行って、本人用のルアー竿も購入します。いろいろ見てダイワ(Daiwa) PRIMEGATE(プライムゲート) EG832MFS 01403250を購入しました。エギ用の竿ですが、子供が振りやすく、そこそこ重いルアーも投げられるようなもの。リールは前から持っていた安い量産品で。

ヒライソガニを30匹仕入れて、6時過ぎに村本海事さんに着きます。猛暑のせいか、あまり混んでいません。クラブメンバはI藤さんのみ。鳥浜で大会があるので、皆そちらに行っているようです。

定刻通り出船。人が誰もいないドック先に渡る予定だったのですが、ダイバーがすぐ近くで潜っていたので、避けてハナレに。I藤さんも一緒におります。

息子は自分で準備ができるようになったので、放っておいてソコリまでカニを落としていきます。風は東〜南の微風。濁りがそこそこ入っていて潮色は悪くありません。が、潮は動いていませんでした。

I藤さんが四畳半方面へ行っていたので私はオカマ方面に。が、何度かフグに囓られただけで結局黒鯛のアタリはナシ。

多少曇り空で最初は過ごしやすくはありました。

Imgp0394

戻って息子と一緒にワームでカサゴを狙います。が、カサゴのアタリはさっぱり。最近は夜でないとダメみたいです。

それでもめげずに二人でオカマ方面に歩いて探っていると、沖側でナブラが起きます。事前にサバやワカシが出ていると聞いていたので、二人ともワームからジグにチェンジしてナブラめがけて投げます。簡単に釣れるかな、と思っていましたが、ナブラの中を通っても全く反応がありません。

海面のそこら中でバシャッと水を割って追いかけている魚がいます。何かは判りませんでしたが、サバのよう。

一度、私の竿にガツンとあたり、魚が乗りますが、なんとショックリーダがすっぽ抜け。かなり引いていたのですが、サバかな、、、

そのうち日差しも強くなり、暑くなります。

Imgp0398

結局ナブラはどこかに行ってしまい、その後は静かになります。

イイダコのテンヤを投げてみますが、こちらにもまだ反応無し。

またもやノンビリカサゴに戻りますが、やれどもやれどもアタリ無し。

最後に強くなってきた南風に期待して、横須賀側にカニを落としてみますが、これも反応無し。

そのまま納竿。

Imgp0399

今回は何も釣れませんでしたが、息子もルアーをかなり上手に投げられるようになったので、これから秋冬にかけてのイイダコとアオリイカで頑張ってもらおうと思っています。

午前中の黒鯛はI藤さんがこの暑さの中ウェーダを履いて渡った四畳半で1枚。素晴らしい。

次回は次の日曜日。クラブの例会になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »