« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011/07/30

2011年7月30日 野島防波堤 釣果 フグ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:大潮
干潮:10時44分
満潮:17時33分
時間:12時00分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:フグ

翌日の野島杯の参加ができなくなり、何とか時間を作って本日の午後から夜の釣行。

11時過ぎに村本海事さんに着くと駐車場の車が少なく、また午後からの人も少なめ。私ともうお一方だけ。翌日の野島杯の為に控えているのでしょうか?

聞くと夜は天候悪化の予想があるので出船しないとのこと。潮が下げ始めるのが17時半頃からなので少し残念。

ずっと上げ潮なのでドックか赤灯も考えましたが、ノンビリといろいろ試したかったので青灯に降りました。クラブの副会長が交代で帰って行きましたが、釣れなかったとのこと。青灯は午前中1枚のみ。それでも魚が居たと聞いてやる気が湧きます。

豪雨の関係で一時曇っていましたが、すっかり雲も遠のいて、夏日が戻ってきた海の上。

Imgp0984

風はナライの微風。潮色は赤茶で濁っていてとても良い感じ。潮も上げ潮ではありますが、大潮なので外側も何とか動いています。そこにじっくりと落とし込んでいくと、クズレを過ぎたあたりで底で聞き合わせると魚が乗ります。が、すっぽ抜け。フグかもしれませんが魚の気配があったのでやる気が湧きます。

潮が上げてくるのも速く、かなり高くなってきて、実に良い感じになります。

Imgp0986

看板横らへんでまたしても底でアタリ。今度は掛かります。かなり元気だったので本命か、と思いきや、残念ながら上がってきたのは赤目フグ。

Imgp0988

オカマ近くでまたまた赤目フグ。これも良く引きました。

Imgp0989

結局釣れたのは赤目フグ2尾。これ以外に素針を引いたり、ツブを割られたり(フグらしい)もしましたが、本命は釣れず納竿しました。

水が濁っていて、とても良い感じです。明日はナライが吹くので楽しみなのですが、残念ながら用事ができてしまい野島杯に参加できなくなってしまいました。青灯や新堤での好釣果を期待しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/24

2011年7月24日 野島防波堤 釣果 カサゴ他

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:小潮:満潮11時13分-干潮15時38分
満潮:11時13分
干潮:15時38分
時間:07時30分〜12時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

本日は息子とノンビリとカサゴでも釣ろうと村本海事さんに6時過ぎに到着。

ところが、昨日全体で50枚近く釣れたとかで、人が大勢集まっています。kariさんも「話を聞いて、いてもたってもいられなくなり」と来ていました(^^;。

一昨日はそれほどでも無かったのが、昨日は、副社長曰く、「今世紀に入って一番釣れた」とのこと。底荒れしていたのが落ち着いて、かつナライが吹いたので爆釣したようです。一日ズレてくれていれば、、、

しかし今日は潮も動きませんし、北風は吹いているものの、打って変わって緩い風。

定刻通り出船。風が弱まったので青灯、新堤ではなくドックに降りる人も多くいました。今日は息子がヘチ竿を使いたい、というので教えながら釣ることを考え、人の少ないドック先に。

Imgp0973

ドック先は水も濁っていて、かつ潮がぶつかっていて両サイドがバシャバシャしていて、他の堤防と見比べても悪くない感じ。なので最初の1時間は息子と一緒にツブを付けて黒鯛を狙ってみることにしました。が、何の反応もナシ。

仕方ないのでワームやイソメに変えてカサゴ狙い。息子は順調にカサゴを釣っていきます。その他フグ、ベラ、タナゴ、ハゼ、名前の判らない魚など釣り上げて大喜び。

Imgp0978

カサゴの写真。

Imgp0979

これはマイクロカサゴでしたが、20㎝級も数尾あげることができました。

ということで12時に納竿。息子はヘチ竿の穂先を折るなど、お約束の行動もやってくれましたが、磯竿やルアー竿よりもアタリが面白かったのか満足していました。

なお、黒鯛は午前中だけでドックで8枚(?)、新堤1枚のようでした。青灯〜ハナレは打って変わって反応が悪かったようです。またまたドックだけに戻ってしまいました。残念。

次回は次週野島杯に参加予定です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/22

2011年7月22日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:中潮
満潮:06時33分
干潮:13時13分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

本日もお休みを頂いての釣行。台風一過で風が落ち着くか、と思いきやまだまだ強い北風が残っています。

村本海事さんには6時過ぎに到着。クラブメンバはkariさん、栃木sekiさん、Zさんら。

風で出船が危ぶまれたものの、何とか定刻通りに出船。ハナレに降りたかったのですが、バシャバシャのために渡せず、青灯で降りることに。

降りて竿の準備をしていると、ラインがグジャグジャになっていて、出遅れます。と、その間にkariさん、栃sekiさんらがポンポン魚をあげていきます。ひったくるようなアタリで釣れたとか。これは今日はイケルか、と思ったのもつかの間、皆が一流しして魚を釣ってしまった後はアタリが無くなります。

しかし、それでも青灯〜ハナレは実に良い感じ。

Imgp0965

Imgp0970

頭から潮を被りますが、なんのその、落とし込んでいきます。

しかし、その後は誰も連れず。アタリは何度かあったとのことですが、私には一度もありません。

あまりに潮を被って少し寒気もしてきたので、午後はドックに移ることに。

ドックは午前中5枚出ていたそうですが、午後はこれまたマッタリしてしまいます。

Imgp0971

しかし、風裏は落ち着きます。

が、結局午後は栃sekiさんが釣った1枚のみ。そのまま納竿となりました。

この日は青灯が9枚、ドックが6枚で15枚でした。しかし、私には一度もアタリも無し。猛省しています。何か釣れなくなることをしでかしているのか、、、

次回は日曜日に息子と一緒に出かける予定です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/19

2011年7月19日 横浜沖堤 釣果 ナシ

場所:横浜市 横浜沖堤
天気:曇り
潮:中潮
満潮:06時33分
干潮:13時13分
時間:08時00分〜17時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

本日はお休みを頂いて釣行しました。朝、野島に向かいます。しかし、台風の影響で風はそれほどでもなかったのですが、ウネリがひどくて船が出せないことになりました。

そこで来ていたクラブのI崎さんと一路横浜沖堤に行くことに。ちょうど21日に予定されていた横浜沖堤で開催される黒鯛工房のクラブ対抗戦にI崎さんが出場することになっていたので、その下見を兼ねる目的もありました。

8時の船に間に合って、白灯に降りました。降りたときは潮が高くて、オカマ以外にはちょっと渡れそうにありません。ここからしか撮れないベイブリッジの写真。

Imgp0961

それでも9時頃にはジャブジャブやりながら降りられるようにはなりました。

Imgp0962

横浜は野島と違ってイガイがびっしり付いています。これはツブを食べているだろう、とツブを落として行くも、全く何の反応もありません。カニに変えても変化無し。台風で強まった南風と潮の流れがちょうど逆向きになっていたのも良くなかったかもしれません。

潮が上げ潮に変わった13時頃、ようやくI崎さんがカニ爪で1枚ゲット。私はお昼ご飯を食べていました。。。

その後、私もカニが潰されるアタリがありましたが、魚は獲れず。

さらにI崎さんが小さめの魚をゲット。その時点でどうやら爪が良いのだろう、ということになり、私もタンクガニをもらって爪を使って落とし込んでいきます。

終わりの近づいた16時半頃アタリがあり、魚が乗ります。が、すっぽ抜け。それで納竿となりました。

Imgp0963

結局この日は鈴木釣船で3枚だけ。渋かったようです。次回、本当は明日行きたいのですが台風通過の為諦め、22日(金)の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/17

2011年7月17日 野島防波堤 釣果 カサゴ、、、

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:長潮
満潮:05時19分
干潮:12時13分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:カサゴ他、、、

本日はクラブの例会。車を使えず電車でトコトコ村本海事さんに向かいます。

到着は6時半頃。クラブメンバは大勢。

定刻通り出船。ピーカンで南風、濁りもそれほどナシ、ということであればドックなのでしょうが、先週渡ったので今日はハナレにしました。多少でも魚が散っていれば良い、というのと午後から南風が強くなればバシャ付くはずの横須賀側を狙えるのでは、という期待です。

降りてまずは沖側を丁寧に落として行きます。オカマ〜落ちた水路までを往復すれどアタリは全くなし。他の人もダメなようです。

Imgp0952

雲が夏めいていて、実に気持ちがよいです。

戻って看板前で落とすと引き込むアタリ。合わせるとずっしり重く、これは! と思いやりとりを始めます。しかし、全然上がってこない。何とか水面近くまで浮かしてみると正体は巨大なエイ。糸をたぐっていくと針のチモトでハリスが切れてリリース。ガッカリ。しかし強烈な引きは楽しめました。

その後、いつものフグに加えて何故かベラまでツブで釣ってしまい、何ともダメな雰囲気が漂います。潮は澄んでいて、水面から見ていて、小さい魚は山ほど防波堤の周りにいます。ツブを落とすとさーっと集まってきては離れていくのが良く判り、それはそれでガッカリ感が漂います。

そんな中、底で小さく引き込むアタリが何度かあり、合わせてみるとカサゴ。

Imgp0953

これが良く釣れて5匹は釣りました。なかなかのサイズなのもおりました。ツブに食いつく位なので、かなりカサゴは食い気があるのでしょう。

午前中はこれで終了。潮も下がりきり、水も透けてきていて、釣れない状態に突入。

Imgp0956

雲が出ていた空もそのうちに晴れ渡り、海も空も本当に青い。

Imgp0957

が、何とか南風が強まってきて、潮も段々に上げてきたので釣り再開。朝に予想していたとおり横須賀側がバシャ付き始めます。

Imgp0958

バシャ付いているところを中心に狙っていきます。期待以上にバシャ付いてくれて、頭から被るほどではないですが、ズボンはぐしょ濡れになるほど。もう少し濁っていれば良いのですが、雰囲気は十分です。

しかしそれでも数度フグのアタリがあっただけで本命は当たりませんでした。そのまま納竿となりました。

結局、青灯&ハナレ、新堤&馬の背、ドック先は沈黙。魚がクルージングしているのは目撃されるも口を使わなかったそうです。私は魚の姿すら見ていませんが。翻ってドックはクラブメンバだけで12枚、計14枚、赤灯1枚で、野島全体では15枚も魚が出ました。まだまだドックが良いようです。

今週はお休みを頂いているので、次回は台風の様子を見ながら平日釣行する予定です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/10

2011年7月10日 野島防波堤 釣果 ナシ

場所:横須賀市 野島防波堤
天気:晴れ
潮:長潮
干潮:06時20分
満潮:13時37分
時間:07時30分〜16時00分
仕掛け:落とし込み
水温:未計測
釣果:ナシ

1ヶ月半ぶりの野島釣行。朝からピーカン、南風。

日曜日ではありますが、あまり人は多くなく、クラブメンバは新人のN野さん、I藤さん。それ以外に日曜常連の皆さん。

今年もドックしか釣れていないので、一度は行かないとな、と思っていたのですが、今日は人が少ないのでちょうど良いと、ドックにおりました。他にN野さん、F田さんらで計7人。

Imgp0951

先週の大阪での記憶が生々しいので、ヘチをタナ狙いでやってみます。適度に潮は濁っていて、流れています。魚が居れば釣れる感じです。が、全くアタリ無し。

そんなことをしていると丸カン上で常連さん1枚、F田さん2枚を上げます。

ということで私も丸カン上もルーチンに入れて堤防の上を回りますが、その後は丸カン上もパッタリ。

Imgp0950

大きな赤目フグが皆に掛かりますが、本命は出ません。私も一度バラし有り。でも多分フグでしょう。

午後から南風が強くなりますが、満潮後14時半頃には下げの潮が入り出します。丸カン際や北面など狙ってみますが、反応無し。結局そのまま納竿となりました。

ドックもちょっと不完全燃焼気味。結局午前中の3枚のみ。他の堤防では全くアタリも無かったそうです。

次回は次週日曜の例会になります。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/07/02

2011年7月1日〜2日 大阪北港 釣果 黒鯛、キビレ

お仕事をお休みさせていただき、7月1日(金)、2日(土)とクラブの恒例のイベントである大阪北港に釣行に参加してきました。

出発は前日6月30日(木)の夜。クラブメンバのU幹事長の車に便乗させて頂き、N嶋さん、T倉さんら4名で大阪を目指します。疲れからか車の中では熟睡してしまい、運転も手伝うことなく大阪まで行ってしまいました。どうもありがとうございました。

現地で会長と東京湾黒研のH永さんと合流したまや渡船さんの7時の船で出船。平日なのと雨が降っているので他にお客さんがいないとのこと。東京では信じられない状況。

事前研究を全くできなかったので、場所も良く判らないまま、最初は「ヨットハーバー」というところへ。

Img_0033

こんなところです。一見何の変哲もない堤防ですが、外側はスリットになっています。

準備をしている間にH永さんが早々に魚を上げています。その後他のメンバも続きます。この時点でかなり衝撃的でした。こんなに簡単に釣れるとは、、、大阪湾恐るべし。

私も野島ツブを付けて落として行きますが、いつもの野島釣りに慣れているせいか、何となく深く落として行こうとしてしまい、1ヒロくらいでストップするアタリに追随できずバラシを連発してしまいます。

それでも黒鯛を釣り、さらにキビレを釣りました。

Img_0031

キビレもここで初めて釣りました。アタリは黒鯛よりもショボくてひったくるような感じ。が、引きは同じサイズであれば同じような引きをしてくれるように感じました。このキビレのアタリが多くて飽きません。

Img_0034

これは黒鯛。

11時の船で移動するまで、キビレ3枚、黒鯛2枚と大阪にしては貧果ではありますが、いつもの野島での釣りから考えるともう帰っても良いくらいの釣果でした(゚ー゚;。

11時からは関電。ここも他にお客さん無し。かなり長い堤防です。青灯の倍くらいはあるか? 片方は高くなっている堤防。

Img_0036

実はこの日はカメラを忘れてしまい、iPod touchで撮影していましたが、パノラマ写真を撮れるAppがあったので、試しにそれを使ってみました。灯台が2本になってしまったのはご愛敬。

Img_0035

灯台だけの写真はこれ。

渡ってすぐに灯台脇の高いところで落としていると何度かツブを潰されます。諦めずに落としていると黒鯛が掛かります。

Img_0037

タモが届かず、U幹事長に助けてもらいました。ありがとうございます。多分これが今回釣行で最大の45センチ。

その後は4時の撤収まで低い方で釣りを続けました。最終的には黒鯛5枚、キビレ8枚でした。フッコも1匹釣ったな、、、

その日の夜は難波で粉ものを食べて戎橋で写真撮影。

Img_0039

翌7月2日(土)は神戸の方、大阪の方もご一緒してくれ、7時船で出船。土日なので他にもお客さんがいます。それでも人数はそれほどでもなく、堤防も広いことから混み合っているような印象はありません。

今日は1日スリットへ。北港では雑誌やテレビでも有名な場所ですな。

Imgp0912

しかし、高い堤防、狭い通路は慣れないとかなり恐ろしく、最初の1時間は脚が震えビクビクしていて釣りどころではなかったです。そのせいか全くアタリ無し。前日と大違いでこれは、、、と思われる不吉な展開。

そんな中神戸の方が数枚上げていたので、アドバイスをもらいます。で、その通りにやってみるとアタリが出始めます。

それで外側で釣った1枚。

Imgp0913

その後もう1枚。これはマスの中で。

Imgp0914

しかし、タモの長さがどうも短く、この魚を上げるときは相当苦労し、このままでは釣れても上げられん、と11時の船で移動をすることを考えます。が、どうやらタモの出が悪かっただけのようで、何とかなりそうなので残留。

午後は潮が下げていく中、どうもアタらんなぁ、と思っていたら、またまた神戸の方にアドバイスをもらい、その後はアタリが連発。が、キビレが啄んでいるだけなのか、なかなか乗りません。

それでもキビレを1枚。

Imgp0915

同じように釣っていくと黒鯛も当たります。

Imgp0916


Imgp0917

ということで納竿。せっかくのスリットでしたが、昨日よりも貧果。黒鯛4枚のキビレ1枚でした。

釣り方については行く前からもっと研究しておけば良かったと思いましたが、後の祭りで心残りでした。

しかし、脚も筋肉痛になるくらい歩きましたし、腕もパンパンになるくらい竿を立てて釣りそのものを存分に楽しむことができました。大阪湾には東京湾の100倍は黒鯛がいると言われていますが、その通りだと思いました。

また行こう。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »