« 2015年8月29日(土) 野島防波堤 カサゴ、、、 | トップページ | 2015年9月11日(金) 野島防波堤 黒鯛×2 »

2015/09/06

2015年9月6日(日) 野島防波堤 黒鯛×2

天気:曇り
潮:大潮:満潮10時15分−干潮15時09分
狙った魚:黒鯛
釣果:黒鯛×2
仕掛け:落とし込み、イガイ
時間:07時00分~16時00分

本日は先週に引き続きクラブの例会でした。

予定通り07時に出船。弱いナライが大体一日吹くということだったので、下げ潮に入る午後を狙って最初から青灯に渡ります。

一通り流してみます。

Img_1399

上げ潮は特に動いておらず、午前中は釣れないだろうと判断。そこで試してみたかったことをやってみます。先週買っておいたのがコレ。

Img_1409

フライフィッシングのラインです。フローティングラインで水面に浮かびます。これを使ってゆっくりとツブを落とせるかどうか試してみたかったのです。なんでこんなことを考えたかというと、最近ツブを落とすのがどうも下手だなぁ、と気づきました。他のベテランさんに比べて竿をパカパカ動かしてしまうのが水中のエサに伝わってしまっているなぁ、という反省がありました。そこで自分で操作するのではなく、糸に働いて貰おうと考えたわけです。関西の目印のようなものでしょうか。

しかし太さが1mm近くあり、これがガイドをギリギリで通ります。それでも何とかクリア。実際に浮かべてみると、、、おお! すごくゆっくりエサが沈みます。クラブの仲間にバカにされながらも、あちこち落として試してみます。ただ、やはり実用的ではありませんでした。

まず遠投するのは無理です。また、今回は10m巻いてみましたが、それだけでリールを随分占領してしまいます。そして何より、フライラインは浮きすぎて、放っておくとハリスが直角に下に垂れてしまいます。適度なテンション、というよりも頑丈な浮城みたいになってしまうのでした。

ということで1時間ほどで元の体制に。。。

11時頃には下げ潮が入ってきたので早めに昼食を採って午後に備えます。ナライは微風でしたが、潮もかなり濁っておりとても良い感じ。クラブのメンバが二枚上げます。

しかし私にはアタリすら無し。

それでもソコリ間際、極めてゆっくりと底までツブを落として行くと違和感を覚えます。パシっと合わせてみると魚が掛かります。しかもかなり重い。これは大物か、、、とやり取りしてみて水面まで上げてみると、、、何とスレでした。それでも黒鯛は黒鯛。

Img_1403

ところで村本海事からの指導で「食べない魚は船着き場まで持ち帰らない」ことになっています。なので、クラブの例会時も堤防で計量することになったのですが、私もこんなモノを用意しました。

Img_1398

アマゾンで1500円程度で買えました。早速それを使って計ってみたところ42㎝で1.3キロくらい(失念)。

さらに同じような場所で15分後に同じように底で1枚。

Img_1406

サイズダウンして41㎝。1.2キロくらい(失念)。それでも買っておいたものが役に立ち良かったです。

その後は潮が止まってしまい、それで納竿。最近ボウズが続いていたので、久しぶりに釣れてホッとしました。

ところで今日はドックで黒鯛狙いのタンクガニに65㎝の真鯛が上がっていました。いやー、良く上がったなぁ。

Img_1407

|

« 2015年8月29日(土) 野島防波堤 カサゴ、、、 | トップページ | 2015年9月11日(金) 野島防波堤 黒鯛×2 »

コメント

お久しぶりです。長崎爆釣の時代、市販の目印テープを幹糸に貼ってツブの落下速度を調整しました。ガイドに入らない程度(1メートル位)でも効果あります。特に遠投の際は垂直にツブが沈むので釣果が変わってくると思います。ご参考まで。

投稿: シオケン | 2015/09/12 07:34

なるほど。いろいろ試してみます。

投稿: とみー | 2015/09/15 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58385/62232486

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年9月6日(日) 野島防波堤 黒鯛×2:

« 2015年8月29日(土) 野島防波堤 カサゴ、、、 | トップページ | 2015年9月11日(金) 野島防波堤 黒鯛×2 »