カテゴリー「タックルの紹介」の記事

2016/01/10

軟調ヘチ竿の製作

一年前の2014〜2015の年末年始に軟調ヘチ竿を製作しています。その記録を今ごろ載せておきます。

元々硬調野島調子の短竿で黒鯛を釣るのが黒鯛釣りの醍醐味な訳ですが、それとは別に軟らかい竿で釣ってみたらどうなんだろうか、という興味がありました。クラブの先輩方に伺うと同じように思って「軟らかい竿も面白いよ」と。さらに聞くと「ヘラ竿を改造して作るんだ」とのこと。

そこで早速適当なヘラ竿を探します。条件としては、

 ・ガイドを付けることを考えて振出ではなく継ぎ竿
 ・野島で使うことを考えて3m
 ・仕舞い寸法を1m位にしたいのでできれば3本継

として、中古の釣具屋を見て回りますが、なかなかそんなものはありません。あっても、超高級なヘラ竿だったりして、改造には向きません。

探し回っているうちに面倒くさくなって、仕方ないのでAmazonでポチッとプロマリン(PRO MARINE) ロッド CB 天将へら 10尺を買いました。ちょっと高いとは思いましたが、製作意欲にはかなわず。

届いたのがこれ。「硬調」とありますが、ヘチ竿に比べればペナペナです、、、

Dsc03029

早速改造開始。穂先の糸を止める部分(リリアン?)をハサミで切り落とし、グリップをカッターで削ります。

元々のグリップはこんな感じ。

Dsc03031

これをカッターで時間を掛けて削ります。

Dsc03032

最後はこんな感じ。

Dsc03034

これで3mのブランクを手に入れることができました。持ってみるとメチャクチャ軽い。もともとが60g位しかありませんので、グリップを削ってさらに軽くなりました。

このブランクにリールシートとガイドを付けていきます。

ここで富士工業のカタログのページから、「総合カタログ」と「誰にでもできるロッドクラフト」をダウンロードして、必要な情報をチェックします。まあ、そんな細かくやらなくてもいいかな、と思ってましたが随分色々ありまして、いくつもの部品を調達することになりました。

調達はこれも釣具屋を回っていては大変だろうと思い通販を利用。今回はネットで調べてサバロさんを利用することにしました。

こんなものを買いました。

[ 商 品 詳 細 ]
----------------------------------------------------------------
【 商 品 I D 】70866029
【 商 品 番 号 】
【 商  品  名 】FUJI
E-TGP-R180-27
【 価 格 (税込) 】864円
【  数   量  】1個
【  小   計  】864円
----------------------------------------------------------------
【 商 品 I D 】70864334
【 商 品 番 号 】
【 商  品  名 】FUJI
E-TGP-F65-27
【 価 格 (税込) 】540円
【  数   量  】1個
【  小   計  】540円
----------------------------------------------------------------
【 商 品 I D 】67143925
【 商 品 番 号 】
【 商  品  名 】EWBC
【 価 格 (税込) 】810円
【  数   量  】1個
【  小   計  】810円
----------------------------------------------------------------
【 商 品 I D 】65822019
【 商 品 番 号 】
【 商  品  名 】ハイブリッドアーバー(品番(外径サイズ):HBA-15、内径サイズ(?):8.5)
【 価 格 (税込) 】288円
【  数   量  】2個
【  小   計  】576円
----------------------------------------------------------------
【 商 品 I D 】65833244
【 商 品 番 号 】
【 商  品  名 】WCFシリーズ(品番(カラー):T-IG2WCF、サイズ:8)
【 価 格 (税込) 】1,296円
【  数   量  】1個
【  小   計  】1,296円
----------------------------------------------------------------
【 商 品 I D 】78114732
【 商 品 番 号 】
【 商  品  名 】USAコアテープ三兄弟(サイズ:小)
【 価 格 (税込) 】324円
【  数   量  】1個
【  小   計  】324円
----------------------------------------------------------------

これがパイプシート。

Dsc03036

型番。

Dsc03037

これがリアグリップ。

Dsc03038

で、型番。

Dsc03039

これがフォーグリップ。

Dsc03040

で、型番。

Dsc03041

これらをブランクに付けていくのですが、「ブランクの径<それぞれの径」なので少し工夫が必要です。

まずはリアグリップですが、これはタコイトを適当に巻いてサイズを合わします。

Dsc03060

こんな感じです。これで大体径が合ってきたかな、となったら接着剤を塗って取り付けます。接着剤はボンド クイック30 15gセット #16223を使いました。


2種混合のエポキシ系の接着剤であれば何でも良いと思いますが、接着時間が適切なのを選べば良いと思います。

次にパイプシートですが、これは元々径が結構大きいのでタコイトではどうにもなりません。なので、「アーパー」というものを使います。

Dsc03062

内径がブランクにあったものを購入し、あとはパイプシートに合わせてアーパーを紙やすりで削ります。左が元のモノ。右が削った後です。

これを同様に接着剤でブランクに取り付けます。

Dsc03063

で、さらにこのアーパーに接着剤を付けて、パイプシートを取り付けます。この時点でブランクに対するリールの位置とガイドの位置が決まります。なので、ブランク・スパインを気にする必要があるのや、ないのや、、、ネットで調べるとブランク・スパインの調べ方はいろいろと書かれていますし、前述の富士工業のカタログにも書かれていましたので、それを参考にやってみましたが今ひとつ良く判りませんでした。それでも大体この辺か?くらいのところを見つけて、その反対側にリールが付けられるようにパイプシートを取り付けました。

Dsc03065

次にフォーグリップ。これはタコイトだけでは少しだけサイズが足りなかったのでコアテープを巻きます。ロッドビルディング専用のテープのようですが、マスキングテープに似てます。その上にタコイトを巻いてサイズを合わせます。

Dsc03067

で、最後に飾りを付けてグリップは完成!

Dsc03081

で、次にガイド。使ったガイドは使わなくなったヘチ竿を廃棄して、そこから外してきました。30個くらいはあったので、他の竿を参考にしながら適当に配分していったら何と25個も付ける位置が決まってしまいました。曲がり方を見ながら付けるのが良いのだろうとは思いますが、一度配置を決めると何だかそれが一番良いように思えてしまい、減らすことができず、、、決行します。

Dsc03068

一番ガイド。

あとはひたすら決めた位置に合わせて残り24個を付けます。

糸の巻き方は前述のカタログにありますが、ガイドをホットグルーなるチョコッとだけ付ける接着剤でブランクに乗っけて、そのあとひたすら巻いていきます。基本手先が器用な人向き。。。巻いたら今度は東邦産業 エポキシ・コートを薄め液で薄めて刷毛で塗ります。ここであまり塗りすぎると液だれが起きてしまうので、糸に接着剤が染みるくらいで我慢します。で、乾いたら再度塗って、と私にとっては気が遠くなる作業を3回ほど全ガイドに対して繰り返して完成です。特に先の方の細いところは本当に大変。。。何度かやり直しました。

Dsc03098

イマイチな出来ですが、これが限界。。。本来なら色を塗ったりするべきなのでしょうが、面倒なので止めました。

後は継ぎ部分に少し太めの糸を巻いて強化。

Dsc03084

で、完成です。全部で1ヵ月くらいはやってました。

実際に曲がり具合を他の竿と比べてみます。持っている竿の中で一番硬いサクラの竿を曲げてみるとこんな感じ。

Dsc03102

今回のへら竿改造の軟調ヘチ竿は、、、

Dsc03101

こんなに曲がります! 

なお、リールを付けてもメチャクチャ軽いです。そして軟らかい。普通に竿先がペナペナしています。なので、風が強い場所ではかなり使いにくいと思われます。そもそもこんな竿で魚を掛けたら竿が折れるのでは? と思えるほど頼りない。

そこで夏の大阪北港で実釣してみました。

Imgp0001

ヨットで掛けた時です。竿がグニャリと曲がり、竿先が完全に下を向きました。それでもブランクは折れることも無く、きちんと魚を上げることができました。

Img_1164

いやー、スゴイ。この後も中の灯台で45㎝位のキビレを掛けましたが問題なく上げられました。

ただガイドのつけ方が素人なので、竿先に糸絡みがちょっとありました。風があると結構辛いかも。

野島では黒鯛よりもカサゴやメバルの時に活躍しています( ̄Д ̄;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/06

逆さ桶の新規購入

先日の野島馬の背で、逆さ桶が波に掠われてしまいました。その時のドンブラドンブラと横須賀港へ流される逆さ桶の哀れな姿がどうしても忘れられません。あのときどうしてもっと早くタモを出さなかったのか、などなど一週間悔しくてなりませんでした。

この週末、野島は黒鯛が良く釣れていたようですが、いろいろと忙しく釣行どころではなかったため、さらに悔しさが増してしまいます。そこで本日間隙を付いてアークス根岸店に行ってみたところ、なくしたものと同じ逆さ桶が置いてあったので、迷わず購入してきました。黒工の逆さ桶(M)より1000円ほど安い値段。

P6052657

しかしこのままでは使えないので多少の工作開始。

前のモノは防波堤の突起やコンクリの上に置く度に桶の底が傷んでしまっていたので、今回は木工ニスを底に塗ることにしました。まだ綺麗な底。

P6052659

これが塗ったニス。家にあった物を適当に。

P6062663

さすがに屋内では危険なので息子とキャッチボールをしがてら出かけた公園で塗ります。

P6062660

木製の逆さ桶は水が木を通して蒸発するときに気化熱が奪われて中がヒンヤリする、と聞いていたので塗るのは底だけにしよう、と予定していたのですが息子が俺にもぬらせろ、と言うので、やらせているうちに結局内部も含めて全面塗ってしまいました。重ね塗りはしておらず、ガッチリ防水しているわけではないので、大丈夫ではないかと期待しています。しかし液だれはするは、偏ったりするはで散々な出来になってしまいましたが、、、1時間乾燥。

次はキャッチ。

P6062666

前のモノに付けた時に余っていたものがあったので、それを取り付け。

P6062671

次にブク取り付け場所を保護するアルミ板。

P6062672

これも前のモノに付けた時に余っていたものを利用。適当に切ってエポキシ接着剤で固定。

P6062673

最後に買ってきたベルトと以前と同じ乾電池式エアーポンプ BH-707Bを取り付けて完成。

P6072678

前のモノと全く同じ感じ。

P6072679

これで何かホッとしました。

これからツブを使うことが多くなりますが、次回はあえてカニを沢山入れて行こうと思っています。流さないように気をつけよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/01/01

エサ箱と灰皿

あけましておめでとうございます。

今年は黒鯛釣りを始めて4年目に突入で、何とか昨年以上に黒鯛を釣り上げたいと考えています。

そのためには、できるだけ釣りに集中できる状況を作り上げることが必要で、小道具類も大変重要。

そんな中、昨年のクラブの忘年会で、皆勤賞も取れずにがっかりしていたところ、くじ引きで手作りのエサ箱を頂きました。

外観はこんな感じ。

P1012368

開けるとこんな感じ。

P1012371

これまではダイワのCOOL BAIT IIを利用していましたが、今年からはこのエサ箱を使いたいと思っています。ただ、ボサエビの時は水漏れを防ぐために引き続き前のモノを使い、主にツブ、カニの時に使用する予定です。ベルトにかけるタイプではなく、通すようになっているので安定して使いやすそうです。

それと今年は灰皿も変える予定です。いつも釣りをしながらタバコを吸うのは良いのですが、火を消すときに携帯用灰皿に吸い殻を入れるのに両手を使って手間取ってしまうので、ポイッと片手で入れられる空き缶を利用した灰皿を作ってみました。クラブの先輩方も同じようなモノを利用されている方がいらっしゃいます。

用意したのはカラビナ。

Pa062229

撚り紐。

Pa062230

空き缶。フタ付き。

Pa062231

この空き缶のフタにドライバーなどで穴を開けます。もちろんタバコが通る太さまで。

Pa062234

撚り紐を缶に結びつけます。結んだだけでは安定しないので、乱暴ですがエポキシで固めました。

Pa062237

それにカラビナを付けて完成。これをベルトの左側にひっかけて使います。左手で吸ったタバコを穴に入れるだけ。右手を使わなくても良いので、釣りを妨げることもないです。

Pa072238

この灰皿は昨年終わり頃から使っていますが、ペコペコ潰れてしまうことを除けばすこぶる便利です。

これ以外にもタモやストリンガーも変えていきたいのですが、それは追々。

では、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/14

M-241

釣り用に、購入した訳ではないのですが、堤防や船で一体自分はどこをどう動いているのか、を確認することもできるので、最近はWireless GPS Logger M-241を釣りに行くときにも持ち歩いています。

堤防の上で釣れたポイントを記録できれば良いのですが、精度が±2mなので、堤防上の「何本目の杭の、、、」というような経験で得られたポイントの精度にはまだまだかないません。が、しかし、雑誌なんかに書いてある×印に比べればはるかに使えます。

スイッチをonにして、持ち歩くだけ。家に帰ってからデータをパソコンに取り込み、Google Earth上に表示させれば終わりです。

野島公園から堤防までのルート。

Nojima

堤防で歩いたときのポイント。

Narashino

こんな感じで歩いたところやある時間にいた場所が判ります。他にも速度や高度も判るらしいですが、釣り目的にはルートとポイントが判ればOK。今は15秒に1回ポイント情報を記録するようにしていますが、一日使っていると堤防上ポイントだらけになってしまい、何が何だかわからなくなってしまっています。

しばらく試してみて、良い使い方を考案する予定です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/08

COOL BAIT IIの補強

水漏れ防止

腰につけるエサ箱、木製の素敵なエサ箱をクラブの会長から頂きましたが、もったいなくて大切に保存していますhappy01

そんなわけで普段はダイワのCOOL BAIT IIを使っています。

P5061284

かなり大振りで、エサが沢山入ることがポイントです。

P5061285

ただ腰のベルトに付けて屈んだりしたときに傾いて中の水が漏れてしまう欠点がありました。右腰にいつもは付けていますが、漏れるとズボンがずぶ濡れになってしまいます。あまりに漏れるので、ひび割れたのだと思って同じ物を買ったことがありましたが、最初から同じように漏れるので、どうやら機構の問題のようです。

見るとフタの周辺は隙間が空いていて、ここから漏れているようです。

P5061286

先日の釣行でクラブの先輩が同じものを使っていて、フタの隙間にパッキンを入れて防止しているのを見て、一念発起自分もやってみることにしました。

たまたま5/5に娘に付きあって東急ハンズに行ったので、そこで一番細いゴムチューブを買ってきました(東急ハンズで浜松在住の野島のベテランさんに偶然会いました!)。160円。これをフタの隙間に沿って貼り付けることにしました。

P5061287

完成イメージはこんな感じ。。。

貼り付けはいつものようにエポキシ剤を使いました。

しかし、実際にチューブを隙間に沿って一周させてみると、チューブの厚みがありすぎてフタがしまりません。そこで一部を切り取り、チューブを貼らないようにしました。ちょっとかっこ悪いのですが、致し方なし。

P5061289

腰に付けたときはヒンジ側が外側で、下向きになって、そこから漏れているので、ヒンジ側にきちんと貼り付けてあれば実際の使用に支障はないハズ。

P5061290

完成後、中に水を入れて傾けてみるとヒンジ側からの水漏れは全くなくなりました。反対からはこれまで通り、ジャージャー漏れますが、、、

次回使用して使い勝手を試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

金剛夕なぎ2.4Mの補強

穂先の製作

10月8日の釣行で折ってしまった金剛夕なぎ竿2.4Mの穂先を修復すべく、以前から購入していた物品一式で穂先を製作しました。

P7020721

これは新うるしや薄め液、エポキシ剤など。

P7020722

これはSICガイド。これが一番高かったです。

P7020723

これはソリッド。

以上、全てを神田の釣り具の櫻井でいろいろと相談に乗ってもらって購入しました。

P7020724

まずはソリッドを元の穂先の長さに合わせてマーキング。

P7020727

糸鋸で切断。

P7050729

元竿にスッポリはまるように、丸ヤスリと紙ヤスリを使って整形。ここですこーし失敗して削りすぎましたが、「ややスッポリ」くらいにはなりました。

P7050732

次に新うるしと薄め液を使って、、、

P7080737

塗装します。本当ならば「フィッシングロッドモーター」という名称のモーターを使って乾燥させながらクルクル回す設備があった方が良いらしいのですが、私の場合はタバコの箱にミゾを切って、そこに置いて手動で回しました(^^;。

P7170758

2週間ほどかけて数回重ね塗りして完成。多少ムラが出ましたが、実用上問題のないレベル。気になったところは紙ヤスリで落として、再度薄く塗るなどしました。

P7220764

続いてガイドの取り付け。先になればなるほど、糸をうまく巻くことができず、かなり不格好になりました。巻いた時点で、エポキシ剤を薄めて、塗って固めておきました。

P7250766

元の方のガイドはそれなり。

このあと、全てのガイドに数度エポキシ剤を薄く塗って完成。ただし、乾燥させているうちに液だれができて、膨らんでしまったので、それをヤスリで削るなどしました。

P7260773

完成した先端部分。やはり液だれ後が残ります。糸の滑りが悪くならないようにヤスリはかけました。

P7260774

これが全体像。

以上、完成。

今月は忙しくて釣行出来ていませんが、12月に入れば何とかなりそうなので、この穂先でアイナメを狙って、調子を見てみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

逆さ桶の改良2

エアーポンプ用金具の取り付け

逆さ桶の手提げ紐を通す木枠にエアーポンプをひっかけていましたが、引っかける金具のせいでその木枠が削れてしまっていました。最近はその削れた部分が若干腐食して変色もしていました。

P7090740

そこで、木枠を金属でカバーすることにしました。仕事の昼休みにホームセンタで購入したアルミ板を切って、折って、、、

P7100742

様子を見ます。

P7100743

これにエポキシ接着剤をたっぷりと付けて接着。

P7100746

最終的にエアーポンプを取り付けた図。美麗には仕上がりませんでしたが、十分実用的。

P7100748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

逆さ桶の改良1

逆さ桶のフタにキャッチ取り付け

この二週間釣りに行けなかったので、釣り関連の書籍を買って勉強していました。

文献は、手作り釣り具ハンドブックSpe手作り釣具ハンドブック (2007年)の2冊。

P6110683

特に黒鯛の落とし込みに特化したものではなく、いろいろなジャンルの釣り具の手作りについて書かれていて、読んでいるだけでも楽しいのですが、何かやってみたくなり、簡単でかつ効果が大きい逆さ桶へのキャッチ取り付けをやってみました。

昨年サンスイで購入し、今年から本格的に使用している四角い逆さ桶は大変気に入っているのですが、今年の釣行で、船から降りる際や、持ち歩いている際にも、つい持ち紐の変なところを掴んでしまって、傾いてフタが開いて水やモエビが流れ出てしまうアクシデントが何度かありました。

早速仕事の昼休みに近くのホームセンタに赴き、磁石のキャッチとプラスティックのキャッチをとりあえず二種類と木ねじを買い込んできました。磁石のキャッチがいいなぁ、と思ってはいたのですが、考えてみれば塩にまみれて錆びること必定なので、プラスティックのキャッチを取り付けました。

こちらは本体部分。
P6150691

こちらはフタ部分。
P6150692

それぞれネジ穴にエポキシ系接着剤を入れて若干強化しました。これは全体像。

P6150693

かなりしっかりキャッチされるため、傾いて水の重みがかかったとしてもフタが開くことはなさそうです。次回釣行時に確認予定。

こうして見ると、細かい使い勝手の悪さで気を遣ったり、釣りをしているときに手返しが悪くなったりしていることがあることが判ってきました。一つ一つ洗練させていきたいと思います。

その流れで、手作りではないですが、ガン玉入れも刷新しました。

P6110687

左がこれまで。右が刷新後。いつもライフジャケットのポケットに入れていますが、先日腰あたりまで水がある中を歩いたときにガン玉までビショビショになったことを思い出し、買い替えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/13

落とし込みタックル(2007年01月)

竿:サクラ 金剛夕なぎ竿 2.4M
リール:富士工業 FPR-25改

P1130267

P1130291


竿は櫻井釣漁具の金剛夕なぎ竿2.4M。他に1.8、2.1、2.7があります。サクラの釣具は通常の小売店でも売っていますが、この竿は神田のアンテナショップ「つり具の櫻井」まで出かけて買いました。櫻井釣漁具のページはこちら

P1130264

リールも同じように「つり具の櫻井」で竿と一緒に購入しました。FPR-25をプロの方が改造された物。展示ケースの中に一つだけ置いてあったのを、一目で気に入って売ってもらいました。ラインは赤、オレンジ、白黒などと試した結果、蛍光グリーンがどの時間帯でも良く見えると感じており、当分は蛍光グリーンを使い続ける予定です。

入門用として購入したつもりでしたが、大変バランスが良く、一日振っていてもほとんど疲れません。

P1130279

また竿尻を肘当て付きと無しの2つを用意しました。肘当てが無いと魚が横に動いたときに竿が腕から外れて手首だけで支えることになるのが辛いです。

この組み合わせでフッコ、アイナメと釣っており、何も問題はありませんでした。しかし、2007年01月の時点で本命の黒鯛の釣果はありません。一日も早く釣り上げてみていものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

沖釣りタックル

竿1:Vertex 船 50-240
竿2:SHIMANO 船島ビシ S150
リール:DAIWA シーボーグ 400BDe

Pc230187_2

上記竿1は何でも釣れる便利な2.4m竿。メーカも今販売されているのかも不明です。これでアジ、サバ、イサキから真鯛やイナダを釣りました。残念ながらワラサはかかっても釣れたことはありません。他にもシイラやシマダイ、スズキも釣りました。
3m以上のムーチング竿でないと、船の揺れを吸収しきれず、付けエサが暴れてしまい、真鯛にはあまり良くないと周りの人に言われていて、使ったこともありましたが、釣れたときに竿が柔らかく手元から曲がるのに慣れず、結局この竿を使い続けました。

Pc230185_1

上記竿2はアジ用のビシ竿。1.5mの堅い竿。沖釣りでも東京湾、相模湾の大アジ釣りは好きな釣りです。なんと言っても食べておいしいし、深くて速い二枚潮の中でサバを避けつつ適切なタナを見つけて釣る、というところに面白みがあります。

Pc230183

リールはダイワの電動。手巻きも持っていますが、さすがに100m下からアジを釣るには電動がないと手返しが悪いです。電源が付いている船が増えていますが、ない場合にも備えて極悪な重さのバッテリーも持っています。今はもっと軽いものも出ているようですが、このリールでも十分に軽く、手持ちで竿を一日振っていてもそれほど疲れません。

続いて竿受け。

Pc230181

ハイラーク。確かもう一つ違う種類を持っていますが、大体こちらを使っています。手持ちで釣ることが多いので、振っているときは使いませんが、巻き上げてコマセを詰め替えるときと魚を取り込むときには必需品です。ラークを見ると、「今日はどっちのチビラーク、、、」というCMを必ず思い出してしまいます。

Pc230184

何と呼んで良いのか判りませんが、ラークを固定させるための木材。大体船にも準備されていますが、自前でも持って行くようにしています。ラークがハマらないとガックリきてしまいます。

続いてコマセカゴその1。

Pc230179_1

オモリは60号。空いている穴からコマセが出るようになっていて、出る量はゴム栓で穴を閉じて調整します。先日何故か背広のポケットにこのゴム栓が入っていて、一体何なのか思い出せず、数日悩んでしまいました。

コマセカゴその2。

Pc230180

アジ用ビシカゴ。オモリは130号。使い終わったあとにコイツからイワシをキレイに取り除くのはどうすればいいのか。写真では判りませんが、骨や皮がこびりついています。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧